中国ショックは「世界不況」招くか

中国経済は構造的4重苦に直面しており、他国は負の衝撃に備える必要があるほか、新興国投資は冬の時代を迎えるとの声も。

インドネシア高速鉄道、中国案採用に傾く=政府筋 7:27pm JST

[ジャカルタ 31日 ロイター] - 日本と中国が受注を競うインドネシアの高速鉄道計画で、インドネシア政府が中国の事業案採用に傾いていることが、インドネシア政府筋の話で明らかになった。

写真

東芝、有価証券報告書の提出を再延長へ

東芝は、予定していた2015年3月期の有価証券報告書の提出を9月7日に再度延長すると発表した。  記事の全文 

写真

防衛費要求額は過去最大、中国の海洋進出念頭

防衛省は来年度予算の概算要求で、米軍再編関係経費などを含め過去最大の5兆0911億円を計上へ。  記事の全文 

マネー

Video

大規模な安保法案抗議デモ

30日、安倍政権が推進する安全保障法案に反対する大規模なデモが国会前で行われた。主催者側の発表によると、国会前には12万人が集まった。(ナレーションなし)  ビデオ | 記事の全文 

最新ニュース

注目の商品

スペシャル トピックス
写真

中国発 量的引き締め

中国の外貨準備取り崩しが、世界に「量的引き締め」効果を与える。  記事の全文 | 関連記事 

写真

中東のパラドックス

中東に新たな同盟関係誕生の可能性が高まっている。  記事の全文 

写真

中国緩和の危険信号

中国の金融緩和は今回、危険信号を発している  記事の全文 | 関連記事 

写真

新興国投資「冬の時代」へ

中国経済の成長率下方屈折を受けて、主要新興国に対する投資は当分の間、冬の時代に入ると龍谷大学の竹中正治教授は分析する。  記事の全文 

 

世界株安後の投資チャンス

世界経済が堅調な中での株安局面は、無視できない投資機会を提示し得るとアライアンス・バーンスタインの村上尚己氏は分析する。  記事の全文 

 8月28日、三菱東京UFJ銀行・チーフアナリストの内田稔氏は、ドル円相場について、金融政策よりも経常収支の格差が重みを増し、ドル安・円高方向へじりじりと転じていくシナリオに留意が必要だと指摘。提供写真(2015年 ロイター)

ドル円「じり安」の現実味

金融政策よりも経常収支が変動要因として重みを増し、ドル円は「じり安」に向かう可能性があると三菱東京UFJ銀の内田稔氏は指摘する。  記事の全文 

通貨換算

* 同一通貨を入力しています
* 入力した数字は無効です

マーケット

  • 日本
  • アメリカ
  • アジア
  • 欧州
  • セクター
Stock Search
日経平均 18,890.48 -245.84 -1.28%
JASDAQ 111.48 + 0.64 +0.58%
TR指数 - 日本 134.21 -1.10 -0.82%
1,126.60 -6.50 -0.57%
原油 44.04 -1.18 -2.61%
とうもろこし 361.50 -1.75 -0.48%
写真

安保法案に6割が反対

ロイター企業調査によると、安保関連法案の今国会での成立について、6割強が反対。企業はむしろデフレ脱却・成長戦略を優先すべきとみている  記事の全文 

おすすめ情報