IMFスタッフ報告、人民元のSDR採用先送りを提言 12:33pm JST

[ワシントン 4日 ロイター] - 4日公表された国際通貨基金(IMF)スタッフ報告は、現在の特別引出権(SDR)構成通貨を2016年9月30日まで維持すべきとの見解を示した。それまでは、人民元のSDR採用に関する動きは控えるべきと提言、元が早期にSDRに採用される可能性は事実上なくなった。

写真

スカイマーク再生案、エアバスがANA支持へ

複数の関係筋によると、再生計画案を決める5日開催の債権者集会で、エアバスが賛成票を投じる意向をANA側に伝えているという。  記事の全文 | 特集ページ 

写真

「来夏に物価目標達成、追加緩和不要」

本田内閣官房参与は、来年夏にかけて物価上昇率2%近辺に達するとし「追加緩和の必要はない」との認識を示した。  記事の全文 | 関連記事 

写真

ブログ:広島・長崎の「光と影」

70年前の夏、被爆地の道路や壁には、原爆の熱線によって焼き付けられた犠牲者の黒い影が残された。  記事の全文 

マネー

A piece of a toy doll is seen on Fundao beach in the Guanabara Bay in Rio de Janeiro, July 30, 2015.  REUTERS/Sergio Moraes

五輪まで1年、依然深刻な水質汚染

5日でリオデジャネイロ五輪開幕まで1年。しかし、セーリング会場となるグアナバラ湾の水質汚染は依然深刻だ。  スライドショー | 特集ページ 

最新ニュース

注目の商品

スペシャル トピックス
 7月31日、米国のオバマ政権が「アジア重視」を掲げてから約3年が経つが、アジアの米同盟諸国はいささかか納得していないように見える。写真は海上自衛隊の護衛艦「いずも」。2013年8月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

強まる「脱米国依存」

米国が「アジア重視」を掲げてから約3年がたつが、同盟諸国は納得していないように見える。  記事の全文 | 関連記事 

写真

米利上げ「副作用」

米利上げは、日本に輸出減少と株価下落という2つのルートによる打撃を与える。  記事の全文 | 関連記事 

写真

バブル傍観の代償

中国政府が株価の下支えを約束するのは賢明とは言えない。  記事の全文 | 関連記事 

写真

日銀追加緩和の可能性は

4―6月期は年率2%程度のマイナス成長となる公算が高く、日銀への逆風も強まりつつあるとBNPパリバの河野龍太郎氏は指摘する。  記事の全文 

写真

ギリシャは幸せになれるか

ギリシャ3次支援合意は同国と欧州連合(EU)にとって苦難の道の再スタートにすぎないと、みずほ銀行の唐鎌大輔氏は指摘する。  記事の全文 

通貨換算

* 同一通貨を入力しています
* 入力した数字は無効です

マーケット

  • 日本
  • アメリカ
  • アジア
  • 欧州
  • セクター
Stock Search
日経平均 20,666.96 + 146.60 +0.71%
JASDAQ 120.00 + 0.20 +0.17%
TR指数 - 日本 146.15 + 1.07 +0.74%
1,085.50 -5.20 -0.48%
原油 45.98 +0.24 +0.52%
とうもろこし 369.25 +0.50 +0.14%

おすすめ情報