苦境に立つ中国大手国有銀

中国大手国有銀は上半期利益の伸びが6年間で最低に。景気減速で不良債権引き当てが増加する一方、預貸利ざやは縮小。

「イスラム国」、パルミラ遺跡でまた神殿破壊=非政府組織 1:18pm JST

[ベイルート 30日 ロイター] - 英国に拠点を置く非政府組織「シリア人権監視団」は30日、過激派組織「イスラム国」が、シリア・パルミラの古代遺跡の主要建築物であるベル神殿の一部を破壊したと発表した。

People hold placards and shout slogans as they protest against Japan's Prime Minister Shinzo Abe's security bill outside the parliament in Tokyo August 30, 2015. REUTERS/Thomas Peter - RTX1Q8T4
国内ニュース

「戦争させない」デモが国会包囲

安全保障関連法案に反対する市民団体が30日、国会近くで大規模な集会を開いた。  記事の全文 

マネー

Hungarian policemen detain a Syrian migrant family after they entered Hungary at the border with Serbia, near Roszke, August 28, 2015. REUTERS/Bernadett Szabo

当局に拘束される難民の一家

中東などの難民が連日押し寄せているハンガリー国境を取材中、当局がシリア難民の家族を拘束する場面に遭遇した。  スライドショー 

最新ニュース

注目の商品

スペシャル トピックス
写真

中国発 量的引き締め

中国の外貨準備取り崩しが、世界に「量的引き締め」効果を与える。  記事の全文 | 関連記事 

写真

中東のパラドックス

中東に新たな同盟関係誕生の可能性が高まっている。  記事の全文 

写真

中国緩和の危険信号

中国の金融緩和は今回、危険信号を発している  記事の全文 | 関連記事 

 

世界株安後の投資チャンス

世界経済が堅調な中での株安局面は、無視できない投資機会を提示し得るとアライアンス・バーンスタインの村上尚己氏は分析する。  記事の全文 

 8月28日、三菱東京UFJ銀行・チーフアナリストの内田稔氏は、ドル円相場について、金融政策よりも経常収支の格差が重みを増し、ドル安・円高方向へじりじりと転じていくシナリオに留意が必要だと指摘。提供写真(2015年 ロイター)

ドル円「じり安」の現実味

金融政策よりも経常収支が変動要因として重みを増し、ドル円は「じり安」に向かう可能性があると三菱東京UFJ銀の内田稔氏は指摘する。  記事の全文 

写真

危機は10年に一度到来か

10年に一度の危機は今年ではなく、来年に前触れがあり、再来年以降に起こる可能性が否めないとBNPパリバの丸山俊氏は指摘する。  記事の全文 

通貨換算

* 同一通貨を入力しています
* 入力した数字は無効です

マーケット

  • 日本
  • アメリカ
  • アジア
  • 欧州
  • セクター
Stock Search
日経平均 18,806.99 -329.33 -1.72%
JASDAQ 110.80 -0.04 -0.04%
TR指数 - 日本 133.35 -1.96 -1.45%
1,133.30 +0.20 +0.02%
原油 44.35 -0.87 -1.92%
とうもろこし 364.50 +1.25 +0.34%
写真

安保法案に6割が反対

ロイター企業調査によると、安保関連法案の今国会での成立について、6割強が反対。企業はむしろデフレ脱却・成長戦略を優先すべきとみている  記事の全文 

おすすめ情報