Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル早朝に一時113.14円付ける、調整売りで下落
2017年5月8日 / 00:30 / 4ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ドル早朝に一時113.14円付ける、調整売りで下落

[東京 8日 ロイター] -

<09:15> ドル早朝に一時113.14円付ける、調整売りで下落

ドルは112.66円付近。早朝の取引で一時113.14円と3月17日以来の高値を付けたが、その後は調整売りや利益確定売りに押されて反落している。

ユーロは123.57円付近。早朝の高値124.58円から約1円幅で下落した。

5日に発表された4月の米雇用統計については「ヘッドラインのNFP(非農業部門雇用者)は良かったが、前月分の下方修正や前々月の上方修正なども混在し、米利上げ見通しに関係のあるようなものではなかった」(FX会社)とされ、市場は「リスクオフではないが、リスクオンにもなりきれていない」(同)という。

日本が連休中の4日は、米商務省が3月の貿易統計を発表。一部報道によると、対日貿易赤字が前月比33%増え、ロス商務長官は「米国はこの膨張した貿易赤字に、もはや耐えられない」とする声明を発表した。麻生太郎副総理・財務相は5日、同声明に対し「直接聞いた話と違う」と不快感を示した。

今週は11―13日の日程で、イタリアのバーリで、先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が開催される予定。保護主義を軸に2国間の通商交渉に突き進むトランプ政権と、他国との間で意見の相違が埋まるか、注目されている。

<07:39> ドル112.20─113.40円の見通し、材料出尽くしで上値重い

ドル/円は112.90円付近、ユーロ/ドルは1.0989ドル付近、ユーロ/円は124.06円付近。

早朝の取引でドルは113.14円、ユーロは1.1024ドル、ユーロ/円は124.58円まで上昇したが、その後は、材料出尽くし感から、戻り売りや調整売りに押され、現在に至っている。

きょうの予想レンジはドル/円が112.20―113.40円、ユーロ/ドルが1.0940─1.1040ドル、ユーロ/円が123.40―124.70円とみられている。

注目された7日の仏大統領選の決選投票では、中道系候補のエマニュエル・マクロン全経済相が勝利した。   ジュピター・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、ステファン・ミッチェル氏、「有権者は、長年抑制されていた投資を拡大し、国内経済に刺激を与える、マクロン氏の企業寄りの政策を評価した」と指摘、今後は6月の議会選に向けて主要産業の自由化が主な争点となるとみている。

「流れ的にはリスクオンで、早朝の場外乱闘で、ドルが113円台に上昇する場面も見られた。ただ、材料出尽くし感もあり、上値では戻り売りや調整売りが出やすく、東京時間は112円後半を軸とするもみ合いになりそうだ」(外為アナリスト)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below