Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ポンド急落、英保守党の議席過半維持できない可能性を蒸し返しか
2017年5月31日 / 09:13 / 5ヶ月後

〔マーケットアイ〕外為:ポンド急落、英保守党の議席過半維持できない可能性を蒸し返しか

[東京 31日 ロイター] -

<17:57> ポンド急落、英保守党の議席過半維持できない可能性を蒸し返しか

ポンド/ドルは1.2787ドル付近、ポンド/円は141.71円付近。

欧州時間にポンド/ドルは一時1.2767ドル付近に、ポンド/円は一時141.47円付近に、それぞれ約1カ月ぶり安値に急落した。その後、持ち直してきている。

6月8日の英総選挙で、メイ首相率いる保守党が過半数議席を確保できない可能性があるとしたユーガブの調査結果を引用したタイムズ紙の報道が「蒸し返されたようだ」(国内金融機関)との見方が聞かれた。

大半の世論調査では保守党が議席を増やし、過半数を維持するとの結果が出ているのに対し、ユーガブが選挙区ごとのモデル化を行った調査によると、保守党は選挙前の330議席から20議席を失う可能性がある。

一方、労働党は30近く議席を増やす可能性があるという。

<15:05> ドル111円付近に持ち直し、6月は株価動向がポイントとの見方

ドル/円は111.02円付近に持ち直している。午後はじり安で推移し、一時110.87円に下押しされた。

足下の金利低下や株安は、月末に関連した動きとみられ、目先は継続しそうだとの見方が出ている。

ただ、6月は「米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けて金利上昇があるのではないか」と、三菱東京UFJ銀行の市場部門調査役、野本尚宏氏は指摘する。

この際、ポイントとなりそうなのは株価。上昇基調に戻ればドル/円も上値の重さが和らぐと見られる一方、欧州政治リスクなどを意識して株価の上値が抑えられるようなら、ドル/円も頭が重くなりやすいと見られている。

<13:09> ドル111円付近で上値重い、上昇一服の後はじり安に

ドル/円は111.04円付近で上値は重い。正午ごろに月末に関連したフローと見られるドル買いを契機に111.23円まで上昇したが、その後はじりじりと押し返されている。「さして理由のない上げだっただけに、売りも出やすいようだ」(国内金融機関)との見方が出ていた。

<12:11> 正午のドルは111円前半、米長期金利反発受け上昇

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の111.10/12円。

前日の海外市場で売られた流れを引き継ぎ、ドルは早朝一時110.75円まで下落した。しかし、その後は切り返して底堅い値動きをみせ、正午前に111.23円まで上昇した。

特に新規材料は見当たらなかったが、早朝まで続落していた米長期金利が、正午にかけて反発したため、海外短期筋を中心とするドル買い/米国債売りを受けたドル高との見方が出ていた。

月末にあたるこの日は、実需のフローでドル買いが若干上回ったとみられる。また、110.80円以下の水準では、年金など長期の投資家のドル買い需要があるとされ、ドルの心理的サポートとなった。

米10年国債利回りは2.224/2.222%の気配。早朝一時2.208%まで低下した。

<11:27> ドル/円小動き、6月末越えドル調達コストが急騰し1.7%台

ドルは110.96円付近で小動き。

為替スワップ取引では、円投/ドル転スワップ経由のドル調達コストが1カ月物で1.74%台と2カ月超ぶり高水準まで急騰している。同コストは週初めに1.34%台だった。

この日の約定された1カ月物の為替スワップのスタート日は6月2日、エンド日は7月3日と、6月末の資金繰りをカバーする取引となっているため、「四半期末のドルのファンディングを手当てする動きが活発化した」(金融機関)という。

1カ月物の調達コストの高騰のあおりを受け、3カ月物の調達コストも週初めの1.63%台から目下1.7%付近まで上昇している。

<10:30> ドル110円後半、LIBOR―OISが19か月ぶり水準まで縮小

ドルは110.92円付近で底堅い値動き。月末がらみのフローは若干買いが優勢だったとみられるが、これまでのところ波乱なく、市場で吸収されている。

110.80円以下の水準では、長期の機関投資家等のドル買い需要があるとされ、下値は堅いと見られている。

市場では、6月の米利上げがほぼ確実視されているが、短期金融市場では、ドルの流動性指標とされるドルLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)とOIS(翌日物金利スワップ)の乖離(かいり)幅がこの日、19カ月ぶり水準まで縮小した。

LIBOR―OISと呼ばれる乖離幅(スプレッド)は3カ月物で、10.98ベーシスポイント(bp)と、2015年11月6日以来の低水準となった。

テクニカルな要因は、OISが6月米利上げを織り込んで順調に上昇する一方で、LIBORが上げ渋っていること。   

5月2―3日に開催された前回の米連邦公開市場委員会(FOMC)直後のLIBOR―OISは16.62bpだった。

しかし、FRBがFOMCの議事要旨を公表した24日には13.16bpまで低下し、その後も縮小し続けている。

米連邦準備理事会(FRB)が24日公表した5月2-3日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨によると、参加した政策当局者は、大半が間もなく利上げが適切になると想定しつつも、最近の経済指標の弱含みが一時的とするだけの証拠が得られるまで利上げは待つべきだとの考えで一致した。

<09:10> 英ポンド1.28ドル付近、英保守党が過半数議席維持できない可能性も   英ポンドは1.2812ドル付近で朝方の高値1.2864ドルから下落。

英ポンド/円は141.97円付近で朝方の高値142.57円から下落。

東京市場の早朝に、6月8日の英総選挙で、メイ首相率いる保守党が過半数議席を確保できない可能性があることが伝わり、改めて英ポンドが売られた格好。

 同報道はタイムズ紙が30日、ユーガブの調査結果を引用して報じた。

大半の世論調査では保守党が議席を増やし、過半数を維持するとの結果が出ているのに対し、ユーガブが選挙区ごとのモデル化を行った調査によると、保守党は選挙前の330議席から20議席を失う可能性がある。

一方、労働党は30近く議席を増やす可能性があるという。

そうなれば、保守党は過半数の326議席に16議席足りない計算となり、他党の協力が必要になる。

<08:49> ユーロ123円後半、前日の反発分を一部返上

ユーロは123.84円付近。早朝の高値124.02円から下落し、前日の反発分を一部返上している。

前日の東京時間には、欧州関連の複数の不安要素を背景に、一時123.17円まで下落したが、欧州時間には、欧州中央銀行(ECB)が6月8日の理事会で、景気認識を上方修正する見通しで、緩和バイアスの全面または一部解除を話し合う公算が大きいとのロイター報道を手掛かりに、一時124.38円まで反発した。

関係筋によると、ECB理事会は、声明から下向きリスクに関する言及を削除して、リスクがおおむね均衡していると指摘、メンバーらは景気改善を認める構えだという。

<07:38> ドル110.30─111.30円の見通し、110円後半軸にもみあいか

ドル/円は110.85円付近、ユーロ/ドルは1.1177ドル付近、ユーロ/円は123.92円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.30―111.30円、ユーロ/ドルが1.1130─1.1230ドル、ユーロ/円が123.30―124.50円。

月末にあたる31日は実需筋による駆け込み的なフローが出やすいとみられる。日中は株価動向と、再び2.20%台まで低下した米10年国債利回りの動向に関心が注がれそうだ。

前日の海外市場では、外遊から帰国したトランプ米大統領を巡り、ロシアゲート問題の調査が進展するとの不安もあり、ドルが軟調な推移となった。

前日の東京市場で下落が目立ったユーロやポンドは、海外市場で下げ一服となった。

ユーロは、欧州中央銀行(ECB)は6月8日の理事会で、景気認識を上方修正する見通しで、緩和バイアスの全面・一部解除を話し合う公算が大きいとのロイターの報道をきっかけに買い戻された。

関係筋4人がロイターの取材に語ったところによると、経済成長が加速するなか、理事会後の声明から下向きリスクに関する言及を削除して、リスクがおおむね均衡していると指摘、メンバーらは景気改善を認める構えという。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below