Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ユーロは下落、ECBでハト派の織り込み
2017年4月27日 / 23:29 / 5ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ユーロは下落、ECBでハト派の織り込み

[東京 28日 ロイター] -

<8:19> ユーロは下落、ECBでハト派の織り込み

ユーロ/ドルは1.0865ドル付近、ユーロ/円は120.88円付近。

前日海外時間にユーロは下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会後の会見でドラギ総裁が、緩和バイアスの削除を議論しなかったと表明したことなどが影響した。今回のECB理事会は「総じてハト派と受け止められた」(国内金融機関)という。

ユーロ/ドルは、ドラギ総裁が会見で「ユーロ圏の景気回復が底堅さを増し、下振れリスクは一段と後退した」と述べると、いったんは1.0933ドル、121.88円まで買われる場面があった。

しかし総裁が質疑などで、大規模緩和の縮小を開始するにはまだいくつかの障害があるとの見解を強調すると、ユーロは軟調に転じた。

<7:49> ドル110.70─111.90円の見通し、月末フロー主導か

ドル/円は111.25円付近、ユーロ/ドルは1.0871ドル付近、ユーロ/円は120.98円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.70─111.90円、ユーロ/ドルが1.0830─1.0930ドル、ユーロ/円が120.40─121.60円とみられている。

東京時間のドル/円は、月末のフロー中心の動きとなりそうだ。仲値公示にかけて国内勢のドル買いが支えとなって底堅いと見込まれる。

一方、日本で大型連休を控えた週末でもあり、利益確定や持ち高調整の動きがどの程度出るかにも関心が寄せられそうだ。「このレベルであえて勝負する感じでもない」(国内金融機関)との声もあり、午後にかけて商いが薄くなるともみられている。

経済指標としては、日本の消費者物価指数、独小売売上高、ユーロ圏消費者物価指数速報値、米GDP速報値などの発表が予定されている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below