Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、割安感から買い広がる
2017年4月26日 / 06:16 / 5ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、割安感から買い広がる

[東京 26日 ロイター] -

<15:10> 新興株式市場は堅調、割安感から買い広がる

新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、マザーズ総合ともに続伸した。市場では「最近の調整で下げた分、割安感も出ている。だが、3月上旬までの上昇ピッチが急だったため、東証1部と比べると戻りは鈍い」(中堅証券)との声が聞かれた。アセンテックは上場2日目で公開価格の約2.98倍となる初値5950円を付けた後はストップ高となり、6950円で引けた。ミクシィ、旅工房がともに年初来高値更新。半面、アエリア、細谷火工が軟調。

<14:15> 日経平均は一段高、上げ幅200円に迫る

日経平均は一段高。上げ幅は200円に迫り、1万9200円台半ばで推移している。足元のドル/円がやや円安方向に振れており、トヨタなど主力輸出株への買いが加速している。市場では「先週末までの見送り材料がなくなり、ひとまず楽観ムードでリスク・オンの買いが優勢。ただ、上昇ピッチの速さは意識され始めている」(中堅証券)との声が聞かれた。

<13:04> 日経平均は高値圏維持、値下がり銘柄数がじわり増加

日経平均は高値圏維持。1万9200円台前半での値動きを続けている。東証1部の値下がり銘柄数は足元で391銘柄となっており、前引け時点に比べじわりと増加。「直近の株高はショートカバーが主体とみられ、先高観を持って買っている感じでもない。バリュエーション面では日本株は決して割安ではなく、ここから先は戻り売りが優位となっていく」(国内証券)との声が出ていた。

<11:35> 前場の日経平均は4日続伸、外部環境の改善で安心感

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比152円59銭高の1万9231円92銭となり、4日続伸した。前日の米国株が大幅高となったことや、為替が1ドル111円台まで円安に振れるなど外部環境の改善を好感し、幅広い銘柄が上昇した。懸念されたリスクイベントを通過し、株式市場への緩やかな資金回帰の動きは見られたが、上値では戻り待ちの売りも出た。前場後半はもみ合う展開だった。

日経平均は昨年12月以降、1万9200―1万9500円での累積売買高が多く、需給面での抵抗帯とみられている。市場では「政治的、地政学的なアク抜け感があり、戻りを試す展開だが、足元の上昇ピッチが速い点も気になる。円安傾向がはっきりすれば、日本株の割安感に注目する海外勢の買いが相場を押し上げる展開になりそうだ」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり1620銘柄に対し、値下がりが308銘柄、変わらずが84銘柄だった。

<11:01> 日経平均はもみ合い、東証1部の売買代金は1兆円超す

日経平均はもみ合い、1万9200円台前半で推移している。東証1部売買代金は午前11時点で1兆円を超えた。市場では「戻り待ちの売りが増える水準であり、売買が交錯している。正念場ではあるが、4月前半にみられた期初の売りが終了し、当面の需給は悪くない」(国内証券)との声が出ている。

<10:25> 日経平均は堅調、ナスダック最高値更新でハイテク銘柄に買い

日経平均は堅調。一時150円超高となり、1万9200円台前半で推移している。前日の米国市場でナスダックが6000ポイントの大台に乗せ過去最高値を更新したことを追い風に、東京エレクトロンやパナソニックなど日本のハイテク銘柄も年初来高値を更新した。

市場では「ヘッジファンドのショートカバーは一巡した印象。ここから一段高となるかはトランプ米大統領の減税政策の内容、為替の動き、日本企業の決算次第だ」(大手証券)との声が聞かれた。

<09:08> 寄り付きの日経平均は続伸、米株高・円安を好感

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比105円59銭高の1万9184円92銭となり、続伸して始まった。前日の米国株が大幅高となったことや、為替が1ドル111円台まで円安に振れるなど外部環境の改善を好感した。懸念されたリスクイベントを通過し、市場に安心感が広がっている。寄り後に1万9200円台を回復した。海運、機械、非鉄などが高い。半面、小売、その他製品はさえない。

<08:30> 寄り前の板状況、主力輸出株が買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、ソニー、パナソニックなどの主力輸出株が買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング、ファナックも買い優勢となっている。

メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループが買い優勢。三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループは売り買い拮抗している。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物,SGX日経225先物,TOPIX先物,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below