Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、押し目買い意欲は強い
2017年5月23日 / 02:00 / 5ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、押し目買い意欲は強い

[東京 23日 ロイター] -

<10:54> 日経平均は小幅安、押し目買い意欲は強い

日経平均は小幅安。1万9600円台半ばで推移している。午前10時45分現在の東証1部騰落数は値上がり銘柄が値下がり銘柄を上回っている。市場では「英爆発事件の被害状況が判明し、いったん円高に振れたものの、為替の過剰な反応がみられなかったことで、日本株も底堅くなっている。個別銘柄の押し目買い意欲は強い」(国内証券)との声が出ている。

<10:20> 日経平均は弱含み、英爆発事件や米大統領巡る報道を嫌気

日経平均は弱含み、1万9600円台前半の値動きとなっている。プラスに転じる場面があったものの、買いは続かず前日の終値付近を小幅に下回った水準で推移している。市場では「テロと思われる英国の爆発事件や、トランプ米大統領がロシアとの共謀の否定を情報当局者に要請した、とのワシントン・ポストの報道などが嫌気されており、買い進めにくい状況。ただ、これらを受けた為替の反応が限定的なので、日経平均は比較的底堅い」(国内投信)との声が聞かれた。

<09:15> 寄り付きの日経平均は反落、強含みの円相場が重し

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比30円54銭安の1万9647円74銭となり、反落して始まった。円相場が1ドル111円付近まで強含んだことを嫌気した。米予算教書の公表などを控え、全般に様子見ムードが広がる中、好業績株を中心に個別銘柄の循環物色が継続し、寄り後一時プラスに転じた。精密、その他金融、ゴム製品などがしっかり。半面、海運、空運、石油関連はさえない。

<08:38> 寄り前の板状況、トヨタ・ホンダが買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力輸出株でトヨタ自動車、ホンダが買い優勢。キヤノン、ソニー、パナソニックは売り買い拮抗している。指数寄与度の大きいファーストリテイリングは売り買い拮抗、ファナックはやや買い優勢となっている。

メガバンクは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループがいずれも売り買い拮抗している。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物,SGX日経225先物,TOPIX先物,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below