Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、米国関連の不透明感で上値重い
2017年5月19日 / 01:22 / 4ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、米国関連の不透明感で上値重い

[東京 19日 ロイター] -

<10:15> 日経平均は小幅安、米国関連の不透明感で上値重い

日経平均は下げに転じ、1万9500円台前半で推移している。一時節目の1万9500円を下回った。不動産、サービス、電気・ガスなどがさえない。市場では「前日の米ダウ平均は反発したが、一時150ドル高から伸び悩んだ形であり、底入れ感はない。米国の政治や経済指標に対する懸念が残り、売り買いが交錯している。国内には材料がなく日中は方向が出にくい」(国内証券)との声が出ている。

<09:05> 寄り付きの日経平均は反発、米国株下げ止まりで買い戻し先行

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比37円55銭高の1万9591円41銭となり、反発して始まった。トランプ米大統領による司法妨害疑惑により急落していたダウが前日に上昇して取引を終了したことを受け、買い戻しが先行している。金融株や景気敏感セクターがしっかり。半面、電気ガスや陸運など内需関連の一角が下落している。

<08:22> 寄り前の板状況、主力株は総じて買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、ソニーが買い優勢。パナソニックは売り買いきっ抗。指数寄与度の大きいファーストリテイリング、ファナックと、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループなどメガバンクは買い優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物,SGX日経225先物,TOPIX先物,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below