Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:財務省が30年債入札を通告、調整奏功で一定需要喚起か
2017年6月6日 / 01:37 / 5ヶ月前

〔マーケットアイ〕金利:財務省が30年債入札を通告、調整奏功で一定需要喚起か

[東京 6日 ロイター] - リアルタイム金利データは reuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ratesviews をクリックしてご覧ください。

<10:33> 財務省が30年債入札を通告、調整奏功で一定需要喚起か

財務省は午前10時半、30年債入札を通告した。0.8%クーポンの新発55回債になる。

入札は無難に通過するとみられている。市場では「新発債ニーズに加え、6月は国債の大量償還を控えていることから生損保を主体に一定の需要を確保できそうだ。午前の取引で調整を入れたため、投資家の心理的な節目となる0.8%を上回る水準で入札を迎える可能性が高まったことから強めの需要も期待できるのではないか」(国内証券)という。

ただ、今回債は発行日が20日になる関係から入札翌日の7日に予定されている超長期ゾーンを対象にした日銀の国債買い入れオペの対象銘柄にはならない。この点を気にして入札の積極参加を見合わせる市場参加者も出てくる可能性があるとの見方が浮上している。

<10:04> 2年債利回り-0.135%、初の指し値オペ実施時の水準に上昇

2年債利回りに上昇圧力がかかっている。足元は前営業日比1.5bp上昇のマイナス0.135%と昨年11月17日以来の高水準を付けている。市場では「残存1年超3年以下を対象にした日銀の国債買い入れ減額、さらに国庫短期証券の買い入れ減額が意識されているようだ。昨年11月17日は日銀が中期ゾーンを対象に初の指し値オペをオファーした日でもあるため、今後の2年債利回り推移はマーケットの思惑を呼び起こしそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。

<08:56> 国債先物は横ばいスタート、米債安でも底堅い

国債先物中心限月6月限は前営業日比横ばいの150円72銭で寄り付いた。5日の米債市場が利益確定売りから軟化したことで調整地合いで始まるとみられていたが、「底堅い。ただ、30年債入札を控えたヘッジが次第に優勢となり弱含む方向になるのではないか」(国内証券)という。

10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇の0.050%での寄り。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物

国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 

国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 

国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 

国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 

変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 

物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)

ユーロ円金利先物(SGX)

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

短期国債引け値・入札前取引含む 

短期金利のインデックス 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below