Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:10年債入札結果は無難、国債先物が小幅高
2017年6月1日 / 04:09 / 5ヶ月前

〔マーケットアイ〕金利:10年債入札結果は無難、国債先物が小幅高

[東京 1日 ロイター] - リアルタイム金利データは reuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ratesviews をクリックしてご覧ください。

<13:00> 10年債入札結果は無難、国債先物が小幅高

財務省が午後0時45分に発表した新発10年利付国債の入札結果で、最低落札価格は100円46銭(最高落札利回り0.053%)となった。また、平均落札価格は100円48銭(平均落札利回り0.051%)となった。落札価格の平均と最低の開き(テール)は2銭と前月債(1銭)に比べて小幅拡大。応札倍率は3.64倍と前回(3.76倍)を下回った。

市場では、「無難との評価。償還が前月債に比べて3カ月延びたことで、落札利回りが最近の押し目買いの目線となっている0.05%を超えた。利回り上昇余地が小さいことから一定の需要に支えられたのだろう」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券・シニア債券ストラテジストの稲留克俊氏)との声が聞かれた。

国債先物は入札結果に反応薄。中心限月6月限は150円70銭付近の小幅高水準で小動き。

<12:42> 3カ月物TB入札結果は予想通り、最高落札-0.1162%に小幅上昇

財務省が午後0時35分に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.1162%と前回(マイナス0.1182%)から小幅上昇した。平均落札利回りはマイナス0.1218%と前回(マイナス0.1206%)に比べて小幅低下した。

市場では「落札結果はほぼ予想通り。2日にも予想される日銀買い入れのオファー額は5000億円程度になるのではないか」(国内金融機関)との声が出ている。

<12:25> 10年債入札、最低落札価格は100円45銭付近か

財務省が午後0時45分に発表する10年利付国債の入札結果で、最低落札価格は100円45銭付近になるとの見方が出ている。

<11:12> 国債先物は小反発、長期金利変わらず0.040%

国債先物は小反発で午前の取引を終えた。米債高を手掛かりに短期筋からの買いがやや優勢になったが、10年債入札を控えたヘッジが上値を抑えた。日経平均株価が堅調に推移したことも一部で売りを誘った。現物債は超長期ゾーンが月替わりとなり、益出しなどで軟化。入札を控えているが長期ゾーンは総じて横ばい。入札はショートカバー需要などで無難に通過するとみられている。

原田泰日銀審議委員は1日の金融経済懇談会(岐阜市)での講演で「日銀が長期的に損失を負うことによる危険など存在しない」、「消費税10%まで上げても影響わずかとの説は信じがたい」などと述べたが、相場への影響は限られた。

財務省が1日発表した5月21日―5月27日の対外及び対内証券売買契約等の状況 (指定報告機関ベース)によると、居住者の外債(中長期債)投資は7321億円の取得超になった。国内勢は5月に入ってから外債の買い越しを高水準で続けている。

長期国債先物中心限月6月限の前引けは、前営業日比3銭高の150円70銭。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比変わらずの0.040%。

短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.045─マイナス0.075%付近を中心に取引された。月替わりとなり、中心レートは月末対比で若干上昇している。財務省が午後0時35分に公表する3カ月国庫短期証券(TB)入札結果で最高落札利回りはマイナス0.11%台半ばになるとの見方が出ていた。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<10:32> 10年債入札、ショートカバー需要で無難予想

財務省は午前10時半、10年債入札を通告した。利率0.1%で347回債の新発債になる。発行予定額は2兆3000億円程度と前月債と同額。

無難な結果となった5月の346回債入札では、落札利回りが0.03%台だった。市場では「今回債は償還が3カ月延びることから新発債となり、既発債の0.04%に金利が上乗せされることになるため、前回を上回る0.05%程度で入札を迎えることになるだろう。主にショートカバー・ニーズを中心に需要を集めて無難に通過しそうだ」(国内証券)との見方がある。

ただ、発行日の関係で、あす予定されている長期ゾーンを対象にした日銀の国債買い入れオペの対象銘柄にならないことを意識する市場参加者がいる。

<08:52> 国債先物は横ばいスタート、10年債入札前のヘッジが上値抑える

国債先物中心限月6月限は前営業日比横ばいの150円67銭で寄り付いた。前日の米債市場で10年債利回りが一時2.2%を下回るなど金利が低下基調になった。市場では「米債高を手掛かりに短期筋からの買いが先行する可能性もあったが、さすがにきょう実施予定の10年債入札を控えてヘッジが上値を抑えているようだ」(国内証券)とみている。

10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比変わらずの0.040%での寄り。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)

ユーロ円金利先物(SGX)

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below