Reuters logo
インド株式市場・中盤=反発、セメントメーカーなど上昇
2017年5月8日 / 06:46 / 4ヶ月前

インド株式市場・中盤=反発、セメントメーカーなど上昇

    [8日 ロイター] -    
 インド            日本時間15時3    前日比      %      始値  出来高概
                   分                                               算
 SENSEX指数     29,972.58   + 113.78  + 0.38  29,915.1  1.01億株
                                                          2   
 前営業日終値         29,858.80                                       
                   日本時間15時1    前日比      %      始値  出来高概
                   9分                                              算
 NSE指数<.NSEI      9,326.25    + 40.95  + 0.44  9,311.45          
 >                                                            
 前営業日終値          9,285.30                                       
    
    中盤のインド株式市場は反発している。合併の可能性を模索していると明らかにした
セメントメーカーのアンブジャ・セメントと同社傘下のACCが上昇
を主導。また銀行株に引き続き買いが入っている。
    このほか、フランス大統領選で中道系のマクロン前経済相が勝利したことを背景にア
ジア株が上昇していることも、市場を支援している。
    ただ、投資家は向こう数日間に予定されている決算発表待ちで、上値は限られている
。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は日本
時間15時3分時点で113.78ポイント(0.38%)高の2万9972.58。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は日本時間
15時19分時点で40.95ポイント(0.44%)高の9326.25。
    
    アンブジャ・セメントは一時9.9%高。同社は5日に合併の可能性について明らか
にした。ACCは一時5.8%高。
    銀行株は引き続き上昇。インド政府が5日、1500億ドルに上る国内銀行の不良債
権問題解決に向け、中銀の権限を強化する規則を発表したことが背景。
    ニフティ・PSU銀行株指数は1.5%超上昇。インドステイト銀行(
SBI) は一時1.6%高。バンク・オブ・インディアとバローダ銀
行はそれぞれ2%超上昇。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below