Reuters logo
インド株式市場・中盤=小幅安、上昇銘柄に利益確定売り
2017年6月15日 / 08:35 / 4ヶ月前

インド株式市場・中盤=小幅安、上昇銘柄に利益確定売り

    [15日 ロイター] -    
 インド            日本時間16時57     前日比      %      始値
                   分                                 
 SENSEX指数       31,070.24    - 85.67  - 0.27  31,222.8
                                                            9 
 前営業日終値           31,155.91                             
                   日本時間17時13     前日比      %      始値
                   分                                 
 NSE指数<.NSEI        9,579.70    - 38.45  - 0.40  9,617.90
 >                                                            
 前営業日終値            9,618.15                             
    
    中盤のインド株式市場は小幅安。米国の軟調な経済指標や米連邦準備理事会(FRB)のややタカ派的
な姿勢、政治的混乱への懸念が重しとなる中、直近の上昇銘柄に利益確定の売りが出た。
    米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領による司法妨害の可能性について、モラー特別検察官が捜
査に着手したと報じ、アジア市場で動揺が広がった。米国の政治不安への懸念から安全な資金の逃避先とし
て金が買われた。
    0555GMT(日本時間午後2時55分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する5
0銘柄で構成)       は0.17%安の9601.75。SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場
する30銘柄で構成)は0.03%安の3万1147.26。
    セントラム・ウェルスの調査責任者シッダールタ・ケムカ氏は「インド市場はピークにあり、銀行・金
融株に若干の調整が入っている」と指摘した。NSE指数は6月6日に9709.30の過去最高値を付け
て以降、約1%下落している。
    ニフティPSU銀行株指数は0.45%安。パンジャブ・ナショナル銀行は一時
3.49%安と約2週間ぶりの大幅下落となった。ニフティPSU銀行株指数は前日引け時点で年初から1
6.6%上昇していた。
    ニフティファーマ指数は1.6%高。慢性腎疾患の治療薬が米食品医薬品局(FDA)の承
認を受けたオーロビンド・ファーマは一時6.5%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below