Reuters logo
インド株式市場・中盤=続伸、過去最高値
2017年5月16日 / 07:25 / 4ヶ月前

インド株式市場・中盤=続伸、過去最高値

    [16日 ロイター] - 
 インド         日本時間15時32    前日比       %       始値  出来高概算
                分                                            
 SENSEX        30,423.96  + 101.84   + 0.34  30,391.48    1.58億株
 指数                                                         
 前営業日終値        30,322.12                                          
                日本時間15時47    前日比       %       始値  出来高概算
                分                                            
 NSE指数<.N        9,471.55   + 26.15   + 0.28   9,461.00            
 SEI>                                                         
 前営業日終値         9,445.40                                          
 
    中盤のインド株式市場は続伸し、過去最高値を付けた。良好なモンスーンへの期待感
から投資家は強気姿勢を強めており、インド株は5営業日中3営業日で最高値となった。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は日本
時間15時32分時点で101.84ポイント(0.34%)高の3万0423.96。
NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は日本時間15
時47分時点で26.15ポイント(0.28%)高の9471.55で推移している。
    
    IT株がけん引しており、IT株指数は1.1%高。タタ・コンサルタン
シー・サービシズ(TCS)は2.2%高、ウィプロは1.3%高。
    ナトコ・ファーマは3.1%上昇している。インド準備銀行(RBI、中
央銀行)は、同社への外資投資上限をこれまでの31.5%から49%へと引き上げた。
    一方、サンTVネットワークとアストラゼネカ・ファーマ・インディア<AS
TR.NS>は、最大で2%下落した。株価指数の開発・算出を手がける米MSCIは
、MSCIグローバル・スモールキャップ指数からこれらの銘柄を除外した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below