Reuters logo
インド株式市場・中盤=続落、地方選やFOMC控え警戒感
2017年3月8日 / 07:04 / 7ヶ月後

インド株式市場・中盤=続落、地方選やFOMC控え警戒感

    [8日 ロイター] - 
    
 インド            日本時間15時1    前日比      %      始値  出来高概
                   0分                                              算
 SENSEX指数      28,835.62  - 163.94  - 0.57  29,021.0  1.41億株
                                                           6  
 前営業日終値          28,999.56                                      
                   日本時間15時1    前日比      %      始値  出来高概
                   0分                                              算
 NSE指数<.NSEI       8,899.00   - 47.90  - 0.54  8,950.70          
 >                                                            
 前営業日終値           8,946.90                                      
 
    中盤のインド株式市場は続落。北部ウッタルプラデシュ州などでの選挙や来週の米連
邦公開市場委員会(FOMC)を控えて警戒感が広がった。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は日本
時間15時10分時点で163.94ポイント(0.57%)安の28835.62。
NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は日本時間15
時10分時点で47.90ポイント(0.54%)安の8899.00。
    トーラス・アセットマネジメントのマネジングディレクター、R・K・グプタ氏は「
市場は値固めの段階で、おそらくすでに過大評価されている。選挙結果とそれに続くFO
MCが市場にとって重要だ」とし、選挙結果がどうなっても市場は調整されるとの見方を
示した。
    この日は下落率上位にハイテク株が並び、インフォシスやHCLテクノロ
ジーズがそれぞれ1%超下げた。
    一方、コタック・マヒンドラ銀行は2.69%上昇し、最高値を更新。カ
ナダの年金基金が同社株取得を検討しているという報道などを受けた。    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below