Reuters logo
インド株式市場・中盤=3営業日ぶり反落、IT関連株が安い
2017年3月20日 / 07:58 / 7ヶ月後

インド株式市場・中盤=3営業日ぶり反落、IT関連株が安い

    [20日 ロイター] - 
 インド            日本時間15時5    前日比      %      始値  出来高概
                   2分                                              算
 SENSEX指数      29,513.25  - 135.74  - 0.46  29,653.5  7.38億株
                                                           4  
 前営業日終値          29,648.99                                      
                   日本時間16時7    前日比      %      始値  出来高概
                   分                                               算
 NSE指数<.NSEI       9,122.00   - 38.05  - 0.42  9,166.95          
 >                                                            
 前営業日終値           9,160.05                                      
 
    インド株式市場は3営業日ぶりに反落している。NSE指数       が先週、過去最
高値を更新したことを受けて買いが一服した。ルピー高への懸念を背景に情報通信(IT
)関連の輸出企業が引き続き圧迫された。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は日本
時間15時52分時点で135.74ポイント(0.46%)安の29513.25。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は日本時間
16時7分時点で38.05ポイント(0.42%)安の9122.00。
    英ボーダフォンのインド部門との事業統合を発表した通信大手イデア・セルラー<IDE
A.NS>は一時14.57%安となった。市場関係者によると、当初は統合を好感して14
.25%高まで買われたが、イデア株の評価額をめぐる懸念が高まり値を消した。
    政府の経済改革への期待から全体的な地合いは依然強いが、株価水準への警戒感や材
料難により当面は狭い範囲での値動きが続く公算が大きいとアナリストは指摘している。
    ジオジット・フィナンシャル・サービシズの首席市場ストラテジスト、アナンド・ジ
ェームズ氏は「空白期間に入っている。四半期決算は2─3週間先で大きな材料がない」
と指摘。「NSE指数は9200を試したが、上値を追う勢いに乏しい。投資家は割安銘
柄を探している」と述べた。
    NSE指数の下げの約半分はIT関連株によるもので、インフォシスは約
2%安。
    一方コタック・マヒンドラ銀行は1.23%高。同行は17日、外国人投
資家の保有上限を49%へ引き上げる計画について株主の承認を求めると発表した。    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below