Reuters logo
インド株式市場・午前=下落、インフォシス報道を嫌気 英総選挙結果も圧迫
2017年6月9日 / 08:28 / 4ヶ月前

インド株式市場・午前=下落、インフォシス報道を嫌気 英総選挙結果も圧迫

    [9日 ロイター] - 
 インド            日本時間17時4    前日比      %      始値
                   分                               
 SENSEX指数      31,150.06   - 63.30  - 0.20  31,196.8
                                                           6
 前営業日終値          31,213.36                            
                   日本時間17時2    前日比      %      始値
                   0分                              
 NSE指数<.NSEI       9,631.20   - 16.05  - 0.17  9,638.55
 >                                                  
 前営業日終値           9,647.25                            
    
    9日午前のインド株式市場の株価は下落した。IT大手インフォシスが主
要株価指数を押し下げている。創業者が同社から離れる意向との報道を嫌気した。また英
総選挙の結果、どの党も過半数を取れない「ハングパーラメント(宙づり議会)」になる
との見通しも地合いを損ねた。
    0621GMT(現地時間午前11時51分、日本時間午後3時21分)時点でNS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.16%安の9632.
15。今週を通じては0.29%安。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.14%安
の3万1168.54。週間ベースでは0.34%安。
    タイムズ・オブ・インディアは、インフォシスの創業者らが持ち株を全て売却するこ
とを計画していると報じた。インフォシスは報道を否定したものの、株価は1.62%安
。最大3.5%値下がりした。
    KKRチョークス・インベストメント・マネジャーズのデボン・チョークス氏は、英
総選挙結果や米国と欧州の主要リスクイベントを念頭に「グローバルな材料による圧迫は
世界中の市場で見られるだろう」と述べた。
    SENSEX指数とNSE指数はともに週間ベースで5週間ぶりの下落に向かってい
る。アナリストらは、最近の史上最高値更新ペースの上昇を受けて、投資家に対して目先
は警戒するよう呼び掛けていた。両指数とも6日に最高値を更新した。
    チョークス氏は「投資家が現在資金を投じていないのはそのためだ」と付け加えた。
    インフォシスは他のIT株を押し下げ、ニフティIT指数は最大1.68%
下落し、5月18日以来の安値を付けた。テック・マヒンドラは2.6%安。
    一方、携帯電話大手リライアンス・コミュニケーションズは続落し、最大
3.2%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below