Reuters logo
シドニー外為・債券市場=上昇、FOMC議事要旨受け米ドル下落
2017年5月25日 / 05:09 / 5ヶ月前

シドニー外為・債券市場=上昇、FOMC議事要旨受け米ドル下落

[シドニー/ウェリントン 25日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルとニュージーランドドルが対米ドルで数週間ぶり高値。前日に米連邦準備理事会(FRB)が公表した5月2―3日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、段階的な利上げ方針が示された。

豪ドルは0.7510米ドルと、前日の安値0.7443米ドルから上昇。9日以来の上昇は0.0100米ドル以上に達した。上値抵抗線は、3週間ぶり高値の0.7517米ドルにあるとみられる。

対円では続伸し、83.80円。前週の安値81.71円から上昇している。

FOMCの議事要旨はよりタカ派的な内容を期待する向きもあっただけに、公表後は米ドル売り/豪ドル買いが入った。

NZドルは0.7046米ドルと、朝方の0.7030米ドルから上昇。前日高値の0.7053米ドルからもそれほど下落していない。

ジョイス財務相はこの日、2016/17年度(6月までの1年間)の財政黒字額が16億2000万NZドルとなり、黒字幅は従来の想定(4億7300万NZドル)を上回りそうだと述べた。そのうえで、インフラ投資を拡大する方針を示した。

コモンウェルス銀行のストラテジスト、エリアス・ハダド氏は「次年度のインフラ投資拡大は経済成長を目指すもので、金利見通しの上昇につながった」と指摘。「NZドルにとっても良い材料だ」と述べた。

豪国債先物は上昇。3年物が4ティック高の98.290、10年物は4.5ティック高の97.5300、20年物は4.5ティック高の96.9550。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below