Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=ほぼ横ばい、米FOMC控え
2017年3月14日 / 03:01 / 7ヶ月後

シドニー株式市場・中盤=ほぼ横ばい、米FOMC控え

    [14日 ロイター] - 
 豪                        日本時間11時47分      前日比        %         始値
 S&P/ASX200指数<.          5,755.200     - 2.147    - 0.04    5,757.300
 AXJO>                                                             
 前営業日終値                     5,757.347                                   
 
    14日中盤のシドニー株式市場の株価は、14─15日の米連邦公開市場委員会(F
OMC)を控えてほぼ横ばい。素材株の上昇が金融株とヘルスケア株の下落を相殺してい
る。
    S&P/ASX200指数        は日本時間11時47分時点で2.147ポイン
ト(0.04%)安の5755.200。
    FOMCを前に投資家は大きなポジションの構築に消極的。今回のFOMCでは利上
げ決定がほぼ確実視されている。
    オーストラリアン・ストック・リポートの調査・取引担当責任者のクリストファー・
コンウェイ氏は「米連邦準備理事会(FRB)の政策決定まで豪市場が大きく動くことは
ないと思う」と語った。
    シドニー市場では金融株が序盤の上昇分を消し、4大銀行株は0.1─0.7%安。
    ヘルスケア株も下げが目立ち、バイオ医薬品大手CSLは0.6%安、がん
治療開発のサーテックス・メディカルは1%安。
    一方、金属・鉱業株指数は一時1.9%急伸。上海の鉄筋先物相場や鉄鉱石
相場が13日に上昇したことが背景。
    英豪系資源大手BHPビリトンは1.4%高と6営業日ぶりに反発している
。同業リオ・ティントは2.1%高。
    エネルギー株も堅調。オリジン・エナジーが3.5%、オイルサーチ<OSH.A
X>が0.9%、それぞれ上昇している。    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below