Reuters logo
シドニー株式市場・引け=続落、金融株が下げ主導
2017年5月18日 / 08:13 / 4ヶ月前

シドニー株式市場・引け=続落、金融株が下げ主導

    [18日 ロイター] -   
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,738.300  - 47.728   - 0.82   5,786.00  5,786.000  5,697.600
 指数                                                                         
 前営業日終値             5,786.028                                                    
 
    シドニー株式市場は続落。雇用統計が良好な内容だったものの、配当落ちとなったウエストパック銀行
など金融関連銘柄が売られた。
    S&P/ASX200指数 終値は47.728ポイント(0.82%)安の5738.300
。約8週間ぶり安値を付ける場面もあった。
    全セクターが下落。なかでも銀行株の下げが厳しく、S&P/ASX200指数の下落の半分超を占め
た。
    ウエストパック銀行は5カ月超ぶりの安値で終了。他の4大銀行は0.2─0.9%下落した。
    米政権を巡る混乱が深まり、米株価が大幅下落したことが市場心理をさらに悪化させた。トランプ米大
統領が連邦当局の捜査を妨害したとの報道を受け、税制や銀行の改革、インフラ投資の公約を実現できるか
について懸念が強まった。
    資源大手BHPビリトンは0.5%安。一時1.3%下げる場面もあった。BHPに事業戦略
の変更を要求している「もの言う株主」の米エリオット・マネジメントは、今週のBHP幹部との会合は「
建設的」だったと述べた。
    一方、新聞・雑誌大手フェアファクス・メディアは7%上伸し、6年超ぶりの高値となった。
同社は別の米投資会社から新たに28億7000万豪ドルの買収提案を受け取った。
    オーストラリアン・ストック・リポートのクリス・コンウェイ氏は「フェアファクスをめぐる買収合戦
が始まった可能性がある」と指摘した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below