Reuters logo
ブレグジット後のユーロ決済機関、EU当局トップが監督強化訴え
2017年5月9日 / 12:58 / 4ヶ月前

ブレグジット後のユーロ決済機関、EU当局トップが監督強化訴え

[ロンドン 9日 ロイター] - 欧州証券市場監督機構(ESMA)のマイヨール長官は9日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後、同国内のユーロ決済機関の監督強化を訴えた。

同氏は、国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)の年次総会で「第三国の決済機関を監督できる仕組みがEUに必要だ」と指摘。域外決算機関の監督を強化し、こうした機関が及ぼすリスクが域内の金融安定を脅かさないようにする必要があるとの考えを示した。

非加盟国の決済機関を強制的にEU内に移す可能性についてコメントしなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below