Reuters logo
ホットストック:東芝が反発、WHに関する債務保証の上限設定合意が支援材料に
2017年5月15日 / 00:48 / 4ヶ月前

ホットストック:東芝が反発、WHに関する債務保証の上限設定合意が支援材料に

[東京 15日 ロイター] - 東芝が反発。米原発子会社ウエスチングハウス(WH)に原子炉新設を発注しているジョージア州ボーグル原発の運営会社などは、WHに関する東芝の債務保証に上限を設けることで合意した。複数の関係者が14日明らかにした。

一方、東芝の半導体事業を巡っては、合弁相手である米ウエスタン・デジタル(WD)が、東芝による一方的な事業売却は合弁契約に反しているとして、国際的な調停機関に売却差し止めの仲裁を申し立てた。今年4月に行った事業の分社化の撤回も求めている。

市場からは「WDによる仲裁申し立てはネガティブだが、原発関連での債務保証の上限設定が株価の支援材料になっている。さらに東芝はきょう、暫定的な決算数値の発表をする方向で調整しているとも伝わっており、売り方の買い戻しも入っている」(国内証券)との声が出ている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below