Reuters logo
ユーロ圏金融・債券市場=国債利回り急低下、ECB総裁が慎重姿勢崩さず
2017年4月27日 / 17:33 / 5ヶ月前

ユーロ圏金融・債券市場=国債利回り急低下、ECB総裁が慎重姿勢崩さず

    [ロンドン 27日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                                     
 米東部時間13時23                                                                   
 分                                                               
 *先物            清算値   前日比   前営業日終  コード                             
                                             盤                   
 3カ月物ユーロ    100.33     0.00       100.33                           
 独連邦債2年物    112.27    +0.10       112.17                            
 独連邦債5年物    131.92    +0.35       131.57                            
 独連邦債10年物  162.01    +0.74       161.27                            
 独連邦債30年物  169.96    +0.98       168.98                            
 *現物利回り      現在値   前日比   前営業日終  コード                             
                                             盤                   
 独連邦債2年物    -0.734   -0.039       -0.695                                 
 独連邦債5年物    -0.399   -0.054       -0.345                                 
 独連邦債10年物   0.299   -0.051        0.350                                  
 独連邦債30年物   1.072   -0.032        1.104                                  
 

    ユーロ圏金融・債券市場では、国債利回りが総じて大幅低下した。欧州中央銀行(E
CB)のドラギ総裁が理事会後の会見で、金融政策の緩和バイアスを取り除くことについ
ては協議しなかったと明らかにしたことで、国債への買いが膨らんだ。
    相場は当初、ドラギ総裁がユーロ圏景気の回復は「力強さを増し」、見通しに対する
下振れリスクは「後退した」との認識を表明したことで、国債利回りとユーロは上昇して
いた。
    こうした微妙な変化について、アナリストは6月理事会でより大胆な政策変更に踏み
切る前兆との見方を示しているが、ドラギ総裁はインフレがなお目標を下回って推移して
いるとして、緩和スタンスを堅持する方針を強調した。
    仏大統領選を巡るリスクも後退したことで、ECBに対する緩和圧力が和らぐとの観
測も今週に入り出ていたが、ドラギ総裁の慎重な発言を受けて、市場ではECBは引き締
めを急いでいないとの見方が広がった。
    独10年債利回りは5ベーシスポイント(bp)低下の0.29%。
1日の低下幅としては2月以来の大きさとなる見込み。
    独2年債利回りもマイナス0.73%と、4bp下がった。
    ECB資産買い入れの恩恵を主に受けている南欧諸国の国債利回りが主導し、域内の
国債利回りは総じて低下。ポルトガル10年債利回りは12bp大幅低下
し、昨年11月半ば以来の水準となる3.47%をつけた。
    ダイワ・キャピタル・マーケッツの経済分析部門責任者、クリス・シクルナ氏は「ド
ラギ氏はインフレに対するリスクバランスはそれほど改善していないとしており、これが
重要なポイントだ」と話す。
    ECB理事会が開催される2018年3月8日のユーロ圏無担保翌日物平均金利(E
ONIA)のフォワードレートはマイナス0.31%と、EONIAスポット金利(マイ
ナス0.36%)を約5bp上回る水準。これは来年初めの利上げの確率を約50%織り
込んだ水準で、当初の約60%から低下した。

    
 (

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below