Reuters logo
ユーロ圏金融・債券市場=高格付け国債に売り、仏大統領選巡る不安和らぐ
2017年3月21日 / 17:46 / 6ヶ月前

ユーロ圏金融・債券市場=高格付け国債に売り、仏大統領選巡る不安和らぐ

    [ロンドン 21日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                                   
 米東部時間13時36                                                                 
 分                                                               
 *先物            清算値   前日比   前営業日終  コード                           
                                             盤                   
 3カ月物ユーロ    100.33     0.00       100.33                           
 独連邦債2年物    112.14    -0.10       112.24                            
 独連邦債5年物    131.10    -0.27       131.37                            
 独連邦債10年物  159.56    -0.22       159.78                            
 独連邦債30年物  165.62    -0.12       165.74                            
 *現物利回り      現在値   前日比   前営業日終  コード                           
                                             盤                   
 独連邦債2年物    -0.740   +0.040       -0.780                                 
 独連邦債5年物    -0.294   +0.038       -0.332                                 
 独連邦債10年物   0.454   +0.018        0.436                                  
 独連邦債30年物   1.190   +0.002        1.188                                  
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、高格付け国債に売りが膨らんだ。前夜行われた仏大統
領選候補者によるテレビ討論会で、中道系独立候補のマクロン前経済相が最も説得力のあ
る議論を展開したとの調査結果が明らかになり、ユーロ離脱を掲げる極右政党・国民戦線
(FN)のルペン党首が当選するとの懸念が和らいだ。
    仏大統領選をめぐる懸念が高格付け国債への逃避買いを支えていたが、不安が後退し
たことで、市場の焦点は再び欧州中央銀行(ECB)の金融引き締めの可能性に移ってい
る。ECBは4月から月額の買い入れ規模を減額する。
    アライアンスバーンスタインのポートフォリオマネジャー、ジョン・テイラー氏は「
過去数週間は弱い経済指標が出ない限り、利回りは上昇基調というのが全体的な市場の雰
囲気で、リスクオンが高まるだびにこの方向へと動く」とし、この日公表された英国の消
費者物価指数(CPI)統計も利回りの押し上げ要因になったと話す。
    2月の英CPIは予想を上回る前年比2.3%上昇となり、2013年9月以来の大
幅な伸びを記録。またイングランド銀行(中央銀行)が目標とする2%を2013年末以
来初めて上回った。
    独10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)上昇の0.46%。
その他の高格付け国債も利回りが1─2bp上昇した。
    フランス10年債利回りが小幅低下する中、仏独国債の利回り格差は
3bp縮小した。
    南欧国債の利回りも低下。スペイン、イタリア、ポルト
ガル10年債利回りは総じて3─5bp低下した。低格付け国債はユーロ
分裂リスクに最も脆弱なため、ユーロ圏をめぐる地合いに沿った動きになりやすいという
。
    またECBによる的を絞った長期資金供給オペ(TLTRO)を23日に控えること
も南欧国債を支援したとみられている。南欧の銀行はTLTROを通じて低利で資金を借
り入れ、これを利用して国債を買い増すことが可能になる。
    INGの金利ストラテジストは、23日のオペの供給額が750億─1000億ユー
ロ程度になると予想。4年の借り入れ金利をマイナス40bpに固定できるため、供給額
には上振れリスクがあるとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below