Reuters logo
ロンドン株式市場=下落、モリソンや鉱業株に売り
2017年3月9日 / 18:15 / 7ヶ月前

ロンドン株式市場=下落、モリソンや鉱業株に売り

    [ロンドン 9日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比        %   前営業日終値  コード
 FT100種                  7314.96     -19.65     -0.27        7334.61          
    
    ロンドン株式市場は下落した。一時は3月1日以来の安値をつける場面もあった。決
算内容が嫌気されたスーパーのモリソンが値を下げたほか、鉱業株にも売りが集
中した。
    スーパーで英国第4位のモリソンは6.6%安。5年ぶりに増益となったものの、輸
入食品の価格上昇で先行きには不透明感があるとしたことが不安視された。
    モリソン株は2016年に底堅く推移し、約56%高となっていた。
    ロンドン・キャピタル・グループの上級市場アナリスト、ジャスパー・ロウラー氏は
「スーパーマーケット株は少し値上がりしたが、物価上昇をかわす力はないとの懸念が広
がっている。激しい価格競争の中でスーパーは販売価格を安く保とうとするだろうが、投
入価格は上がっている」と指摘する。
    金属価格の下落に伴いFT350種鉱業株指数は3.46%下落した。
銅価格が約2カ月ぶりの安値をつけたほか、米国の利上げ観測が強まる中、産業用金属が
全般的に値下がりした。BHPビリトン、アングロ・アメリカン、グレ
ンコア、アントファガスタやリオ・ティントは1.9%から5
.8%の下げとなった。  
    一方、決算が好感された保険大手のアヴィヴァは6.5%値上がりし、約2年
ぶりの高値となった。
    自動車保険大手アドミラルは4.4%高。JPモルガンが投資判断を「オー
バーウエート」に引き上げたことが買い材料となった。ロイターのデータによるとほとん
どのアナリストがアドミラル株の投資判断を「保留」もしくは「売り」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below