Reuters logo
上海外為市場=人民元が上昇、短期金利引き上げ受け
2017年3月16日 / 06:41 / 6ヶ月前

上海外為市場=人民元が上昇、短期金利引き上げ受け

[上海 16日 ロイター] - 16日昼ごろの上海外国為替市場の人民元相場は、中国人民銀行(中央銀行)の短期金利引き上げに支えられ、対ドルで上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が政策金利を引き上げる一方で今後の利上げについてタカ派的姿勢がやや後退したように受け止められたことで、ドルは下落した。

人民銀は取引開始前に人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8862元と、前日の同値に比べ0.0253元(0.37%)の元高・ドル安水準に設定した。1日の基準値の上昇率としては約2カ月ぶりの大きさだった。

人民元のスポット(直物)相場は1ドル=6.8950元で寄り付き、0337GMT(現地時間午前11時37分、日本時間午後0時37分)時点では前日終値比0.0198元(0.29%)元高・ドル安の6.8937元。基準値比では0.11%の元安・ドル高。

オフショアの人民元スポット相場はオンショア比0.34%元高・ドル安の6.87元。

人民銀は16日午前に短期金利を引き上げた。エコノミストらはこれについて、前日のFRBの利上げを受けた資本流出を防ぎ、人民元相場の安定を維持することが目的だったとしている。

香港のみずほ銀行のアジア外為ストラテジスト、ケン・チョン氏は顧客向けメモで、人民銀の市場金利引き上げは人民元の安定を維持するだろうと書いた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below