Reuters logo
上海外為市場=人民元は横ばい
2017年5月5日 / 06:30 / 6ヶ月後

上海外為市場=人民元は横ばい

[上海 5日 ロイター] - 午前の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルでほぼ横ばい。当局の元高シグナルで地合いが改善したほか、投資家が人民元の売り持ちを減らした。

中国人民銀行(中央銀行)は取引開始前に人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8884元と、前日の同値6.8957元よりも元高/ドル安に設定した。

5日の基準値は一部の金融機関の予想に比べ約0.0050元の元高だった。トレーダーによると4日の基準値も予想に比べ約0.0080元の元高だった。

複数の市場参加者によると、当局はこのところ基準値を若干元高に設定することで、人民元を安定させるという明確なメッセージを発しているという。

スポット市場では人民元は1ドル=6.8930元で寄り付き、現地時間午前11時23分(日本時間午後0時23分)時点では6.8957元と、前日終値比わずか0.0001元の元安/ドル高。基準値との比較では0.11%の元安。

人民元は今週を通じては対ドルで横ばいだった。

ロイターが4日発表した調査結果によると、投資家は2週間前に比べ人民元の買い持ちを増やした。フランス大統領選挙で市場が望む候補が当選することになりそうだとの投資家の安心感から新興国市場の通貨が上昇していることが一因。大統領選の決選投票は7日に行われる。 市場は5日の米雇用統計や、7日発表が予想されている中国の4月の外貨準備高統計にも注目している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below