Reuters logo
上海外為市場=人民元下落、企業の強いドル需要で
2017年3月9日 / 06:59 / 7ヶ月前

上海外為市場=人民元下落、企業の強いドル需要で

[上海 9日 ロイター] - 9日中盤の上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落。企業のドル需要が強く、国有銀行各行は、人民元の急落を防ぐため市場にドルの流動性供給を行った。

複数のトレーダーによると、大手国有銀各行はオンショアの外為市場でドル売り介入を行った。取引序盤で1ドル=6.92元よりも元安/ドル高になったことを受けて、人民元を支えるためのドル売りとみられている。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の取引開始前に、基準値を1ドル=6.9125元と、前日の6.9032元に比べて元安/ドル高の水準に設定。

人民元のスポット(直物)相場は1ドル=6.9131元で寄り付いた。一時6.9207元と1月中旬以来の安値を付けた後で、正午ごろの時点では6.9188元と前日終値比で0.0053元、基準値比では0.09%の元安/ドル高水準。

トレーダーらによると、国有銀行の介入により人民元が下げ止まる前は、企業の大量のドル買いに加えて海外市場でドル高が進んだことが人民元の重しとなった。

上海の外資系銀行のトレーダーは「この日の企業のドル買い意欲はかなり強い。人民元の下落速度が速まるほど、企業のドル買いが増える」と指摘した。

オフショア市場の人民元は6.9268元と、オンショア市場に比べ0.12%の元安/ドル高。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below