Reuters logo
上海外為市場=人民元堅調、基準値の元高設定で 中国GDPは材料視されず
2017年7月17日 / 05:53 / 2ヶ月前

上海外為市場=人民元堅調、基準値の元高設定で 中国GDPは材料視されず

[上海 17日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場はドルに対して6営業日続伸。中国人民銀行(中央銀行)が人民元の対ドル基準値(中間値)を8カ月半ぶりの元高水準に設定したことを受けた。

トレーダーによると、第2・四半期の中国国内総生産(GDP)が予想を上回る前年同期比6.9%増になったことは材料視されなかった。

市場関係者によると、一部の国有銀行が午前のスポット市場でドル売りを出したが、今月前半ほどの大規模な売りではなかったという。

きょうの人民元の対ドル基準値は1ドル=6.7562元で、昨年11月4日以来の元高水準となった。全般的なドル安が反映された。前営業日は6.7774元だった。

トレーダーによると、基準値は市場予想と一致。午前のスポット市場はバランスが取れていたという。

スポット市場の人民元は1ドル=6.7647元で始まり、中盤時点では前営業日終値比49ポイント高の6.7692元。ただ、基準値比では0.19%の人民元安。

外資系銀行の上海駐在ディーラーは「きょうの市場は明確な方向性がない」と述べた。その上で、一部企業が引き続きドル買いを入れる一方、その他の企業は最近の人民元相場のボラティリティーを受け、ドルポジションの解消姿勢を強めている、と付け加えた。

オフショアの人民元は、オンショアのスポット市場を0.04%上回る1ドル=6.7666元。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.896元と、基準値比2.03%の人民元安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below