Reuters logo
上海外為市場=人民元小幅高、ドル高や米金利据え置きは影響せず
2017年5月4日 / 07:14 / 5ヶ月前

上海外為市場=人民元小幅高、ドル高や米金利据え置きは影響せず

[上海 4日 ロイター] - 4日午前の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅上昇した。ドルの上昇や米連邦準備理事会(FRB)の政策金利決定は材料視されていないもよう。

FRBは3日、政策金利の据え置きを決めた。1─3月期の経済成長率が弱めだったことは重視せず、雇用の力強さを強調した。FRBが今年あと2回利上げする方針を維持していることがうかがえる声明内容だった。

中国人民銀行(中央銀行)は取引開始前に人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8957元と、同値としては3週間超ぶりの元安・ドル高水準に設定。前日の同値との比較では0.0065元の元安・ドル高水準。

スポット市場では人民元は1ドル=6.8963元で寄り付き、現地時間午前11時46分(日本時間午後0時46分)時点では6.8956元と、前日終値比0.0029元の元高・ドル安。基準値からはほぼ変わらず。

上海の外資系銀行のトレーダーは「市場は今回FRBの利上げを予想していなかったので、据え置き決定は中国市場にそれほど影響はなかった」と説明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below