Reuters logo
上海外為市場=人民元2カ月ぶり高値、国営銀が買い支え
2017年5月25日 / 06:19 / 5ヶ月後

上海外為市場=人民元2カ月ぶり高値、国営銀が買い支え

[上海 25日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は上昇し、約2カ月ぶり高値を付けた。主要国営銀行がドルを売り元を買い支えた。一部トレーダーによると、前日の米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによる中国の信用格付け引き下げを受け、政府が元相場の強さを見せるために主導した動きだという。

元直物は1ドル=6.8860元で寄り付いた後、急激に上昇。0250GMT時点で前日終値比0.0200元高/ドル安の6.8690元と、3月27日以来の高値を付けた。正午時点では0.0158元高/ドル安の6.8737元。

昨年終盤から続く国営銀のドル売りは、当局による元急落阻止の取り組みの一環と受け止められている。元は昨年、対ドルで6.5%下落。今年もその傾向が続くとみられている。

中国人民銀行(中央銀行)がこの日の取引開始前に設定した基準値は6.8695元。前日同値の6.8758元より元高/ドル安で、一部市場関係者の予想も上回った。

元は24日、企業のドル需要に圧迫されて下落した。ただ、1989年以来となるムーディーズの中国の格下げは、ほぼ影響しなかったとみられる。

財政省は、格下げはリスクを過大に見積もっており、「不適切な手法」に基づいていると批判していた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below