Reuters logo
上海短期金融市場=人民元金利が上昇、季節的資金需要で
2017年4月28日 / 08:19 / 5ヶ月前

上海短期金融市場=人民元金利が上昇、季節的資金需要で

[上海 28日 ロイター] - 今週の上海短期金融市場では、人民元金利が上昇した。中国人民銀行(中央銀行)主導の資金供給にもかかわらず、季節的な資金需要を背景に流動性はタイトな状況が続いた。

全般的な流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は2.9085%と、前週末に比べ10ベーシスポイント(bp)程度上昇した。

人民銀の公開市場操作を通じた純供給額は今週、700億元(約101億6000万ドル)で、前週の1700億元を下回った。

トレーダーらは、季節的要因により、今週の短期金融市場の流動性の状況は引き続きタイトだったと指摘した。規制上の要件を満たすために手元資金を厚くしようとする銀行からの月末の資金需要圧力などが要因。

ある中国系銀行のトレーダーは「月末要因以外では、労働節連休を前に個人や企業からの資金需要も増加した」と語った。このトレーダーは、連休後は流動性の状況は和らぐとの見通しを示したが、別の中国系銀行のトレーダーはそうした見通しに懐疑的な見方を示した。

市場参加者らはまた、政府は金融レバレッジやシステミックリスクを抑えるため政策のタイト化を志向していると指摘した。

労働節の3連休は29日に始まる。5月1日の金融市場は休場。

7日物上海銀行間取引金利(SHIBOR)は2.8699%と、2015年6月以来の高水準となった。前週末と比べると約11bpの上昇。

翌日物レポ金利は2.7816%と、2年ぶりの高水準となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below