Reuters logo
上海短期金融市場=人民元金利が低下、人民銀の中期資金供給で
2017年6月9日 / 10:33 / 4ヶ月前

上海短期金融市場=人民元金利が低下、人民銀の中期資金供給で

[上海 9日 ロイター] - 今週(5─9日)の上海短期金融市場の人民元金利は、低下した。中国人民銀行(中央銀行)が中期の貸し出しを通じて新たに資金を供給したことを受けた。ただトレーダーは、今後も納税など季節的要因が流動性を圧迫すると予想している。

流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は9日時点で2.8251%と、前週末引け時の平均水準2.9981%に比べ0.17ポイント余り低い。

トレーダーらによると、人民銀などが資金供給を行った今週は、流動性圧迫の兆候はほとんど見られなかった。

中国系銀行の上海を拠点とするトレーダーによると、月ごとの税支払いが来週に始まる。一方、人民銀が四半期ごとに銀行の財務状況を審査するマクロ・プルデンシャル・アセスメント(MPA)が流動性を一層引き締める見込み。

人民銀は6日、中期貸し出しファシリティー(MLF)を通じて4980億元(約732億7000万ドル)を金融システムに注入した。これは、今月期限を迎える貸し出しの分を相殺して余りある規模だ。

ロイターが人民銀の統計に基づき計算したところでは、過去のMLF3回分(計4313億元)が6月に期限を迎える予定。

人民銀は今週、公開市場操作を通じては差し引きで100億元の資金を吸収した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below