Reuters logo
中国・香港株式市場・大引け=中国小幅続伸、流動性巡る懸念も
2017年3月21日 / 07:45 / 6ヶ月前

中国・香港株式市場・大引け=中国小幅続伸、流動性巡る懸念も

    [上海 21日 ロイター] - 
 中国                           終値       前日比           %         始値           高値           安値   売買代金概算
 上海総合指数              3,261.6108    + 10.8026       + 0.33  3,250.2473     3,262.2209     3,246.6959      2189.4億元
 前営業日終値              3,250.8082                                                                        (上海A株)
 CSI300指数<.CSI30    3,466.670     + 17.057       + 0.49   3,449.770      3,466.703      3,445.642   
 0>                                                                                                         
 前営業日終値               3,449.613                                                                       
 
    中国株式市場は小幅続伸して引けた。ただ、銀行システムの流動性タイト化を示す兆
候が強まる中、投資家のリスク志向は抑制されている。
    上海総合指数終値は10.8026ポイント(0.33%)高の3261.
6108。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は17.057ポイント(0.49%)高の3466.670。
    
    中国人民銀行(中央銀行)はワーキングペーパーを公表し、新たな短期政策金利など
について、市場に対して可能な限り早期に明確に説明する必要があると表明した。
    中国短期金融市場の7日物レポ金利は先週17日、加重平均で9カ月
ぶりの高水準を付けた。
    
    インフラ関連株指数は上昇。中国政府が掲げるシルクロード経済圏構想
「一帯一路」について、今週予定される李克強首相のオーストラリア訪問の際に、同国の
参加に向けた前向きな動きが期待されているとのニュースに支援された。
    銀行株指数は引き続き軟調。2016年の銀行セクターの金利マージン
が世界的な金融危機以降、最も低水準になるとの見通しに圧迫された。
    消費者関連株は、酒造株中心に市場の上げを主導した。
    石炭大手の神華能源は8.4%急伸し、19カ月ぶりの高値を付けた。
多額の配当支払いを提案したことが好感された。    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below