Reuters logo
台湾株式市場・中盤=反発、サイバー攻撃の懸念強まる中
2017年5月15日 / 04:14 / 4ヶ月前

台湾株式市場・中盤=反発、サイバー攻撃の懸念強まる中

    [台北 15日 ロイター] - 
 台湾            日本時   前日     %     始値   売買代
                間13時6     比                   金概算
                     分                         
 加権指数<.TWI  10,009.   + 22  + 0.2  9,978.2  559.3億
 I>                  44    .62      3        8   台湾ド
                                                     ル
 前営業日終値   9,986.8                                
                      2                         
 
    午前の台湾株式市場の株価は、世界規模のサイバー攻撃や北朝鮮のミサイル発射をめ
ぐる懸念が強まる中でも反発した。
    加権指数       は日本時間13時6分時点で22.62ポイント(0.23%)高
の1万0009.44。
    サイバー攻撃に関し、現時点で台湾市場の参加者から大きな被害の報告はない。
    電子製品指数は0.3%高、金融保険指数は0.2%高。
    時価総額の大きいエレクトロニクス企業では、鴻海(ホンハイ)精密工業
が約1%上昇した一方、ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手の台湾積体電路製
造(TSMC)は0.2%下落。両社はロイターに対し、サイバー攻撃による
システムへの影響は出ていないと明らかにした。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below