Reuters logo
台湾株式市場・中盤=反落、米中首脳会談控え
2017年4月6日 / 04:54 / 6ヶ月前

台湾株式市場・中盤=反落、米中首脳会談控え

    [台北 6日 ロイター] -   
 台湾               日本時間1   前日比       %       始値   売買代金
                      3時41分                                    概算
 加権指数            9,888.82  - 60.66   - 0.61   9,946.66  639.2億台
                                                               湾ドル
 前営業日終値        9,949.48                                        
    
    6日中盤の台湾株式市場の株価は反落。トランプ米大統領と中国の習近平国家主席の
初の首脳会談を控えて米中の通商関係をめぐる懸念が残る中、他のアジア市場に追随した
。
    加権指数は日本時間13時42分時点で60.09ポイント(0.60%)
安の9889.39。前営業日は1.41%高と、1日の上昇率としては2016年11
月以来の大きさとなった。
    電子製品指数は0.7%安。金融保険指数は0.4%下落した。
    鴻海(ホンハイ)精密工業は反落し、約1%安。前日は、16年第4・四
半期決算で純利益が前年同期比30%増となったことが好感され、約8%上昇した。
    米国は台湾への唯一の武器供給国で、台湾当局は米中首脳会談に懸念を表明している
。    
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below