Reuters logo
台湾株式市場・中盤=4日続伸、TSMCが上げ主導
2017年5月25日 / 03:58 / 5ヶ月前

台湾株式市場・中盤=4日続伸、TSMCが上げ主導

    [台北 25日 ロイター] -   
 台湾              日本時間  前日比      %      始値  売買代金
                   12時47分                                概算
 加権指数          10,093.8   + 49.  + 0.49  10,059.9   600.3億
                         3       41                1   台湾ドル
 前営業日終値      10,044.4                                    
                         2                             
 
    中盤の台湾株式相場は、4日続伸。海外市場の上昇で投資家心理が後押しされ、台湾
積体電路製造(TSMC)や鴻海(ホンハイ)精密工業など主要銘柄
が上げを主導している。
    加権指数は日本時間12時47分時点で49.41ポイント(0.49%)
高の1万0093.83。同指数は今月初め、海外投資家による買いに節目の1万ポイン
トを突破し、17年ぶりの高水準で引けた。
    電子製品指数は0.6%高、金融保険指数は0.2%高。
    TSMCは0.5%高。ホンハイは1%高。
    一方、永豊金融控股(シノパック・フィナンシャル・ホールディングス)
が0.2%安。最高財務責任者(CFO)や数人の役員が海外子会社による不適切な貸し
付けスキャンダルに関連して辞職したことが背景にある。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below