Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(17日)
2017年5月17日 / 06:27 / 4ヶ月前

東京マーケット・サマリー・最終(17日)

    * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                  ドル/円         ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後5時現在      112.44/46        1.1087/91           124.67/71
 NY午後5時        113.11/13        1.1082/83           125.30/34
 
    午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の
112円半ば。弱い米経済指標やトランプ米大統領の政権運営に対する懸念などで、
朝方からじり安となった。

 レポート全文:

<株式市場>
 日経平均          19814.88円                 (104.94円安)
 安値─高値      19764.63円─19842.78円                      
 東証出来高        19億6447万株                                
 東証売買代金      2兆4927億円                                 
 
    東京株式市場で日経平均は反落。終値は5月2日以来、2週間ぶりの安値を付け
た。1ドル112円台前半まで円高に振れた為替や、米株価指数先物の下げが重しと
なった。日経平均の下げ幅は一時150円を超えたが、バリュエーション的な割安感
を意識した押し目買いが入り下げ渋る展開となった。

    東証1部騰落数は、値上がり630銘柄に対し、値下がりが1287銘柄、変わ
らずが98銘柄だった。
  
 レポート全文:

<短期金融市場> 17時37分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベー  -0.051%                           
 ス)                                               
 ユーロ円金先(17年9月限)        99.965           (+0.005)
 安値─高値                       99.960─99.970                     
 3カ月物TB                      ───           
  
    無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.051%に
なった。準備預金の積み期前半のため、落ち着いた取引となった。レポ(現金担保付
債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.090%とマイナス幅を縮小した。
TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.056%と横ばい。新発1年物国
庫短期証券(TB)の入札は、最高落札利回りが1年物として昨年2月以来の高水準
になった。日銀買い入れに対する不透明感があるとみられている。業者間取引で6カ
月物TB(681回)は弱含み。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

 レポート全文:

<円債市場> 
 国債先物・17年6月限             150.61           (変わらず)
 安値─高値                      150.55─150.67                     
 10年長期金利(日本相互証券引け   0.040%          (変わらず)
 値)                                              
 安値─高値                      0.045─0.040%                     
  
    長期国債先物は横ばい。前日の米債高に加えて、円高・株安の流れから買いが優
勢になる場面があったが、戻り売りも出て上値を抑えた。
 現物債市場では、日銀オペが想定通りに通告されて、残存3年超5年以下のオペは
無難な結果に収まったが、5年債にはポジション調整が引き続き優勢となった。利回
りは4月4日以来のマイナス0.110%に上昇。2年債は動意薄となったが、前日
段階で昨年12月後半の水準までマイナス幅を縮小している。長期ゾーンもさえない
。一方、膠着状態にあった超長期ゾーンには終盤にかけて押し目買いが入った。あす
の20年債入札を無難に通過すると見た先回り買いが一部でみられた。
 安倍晋三首相と黒田東彦日銀総裁は17日昼、首相官邸で会談した。会談は1月以
来、4カ月ぶり。黒田総裁によると、金融政策運営について2%の物価安定目標の実
現に距離がある中で、引き続きしっかりと金融緩和を続けていくと説明した。安倍首
相から金融政策について特に要請はなかったという。円債市場は材料視しなかった。

 レポート全文:
    
<スワップ市場> 17時10分現在の気配
 2年物    0.09─-0.00
 3年物    0.10─0.00
 4年物    0.12─0.02
 5年物    0.14─0.04
 7年物    0.19─0.09
 10年物   0.29─0.19
 
    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below