Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(27日)
2017年4月27日 / 06:53 / 5ヶ月前

東京マーケット・サマリー・最終(27日)

    * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                 ドル/円          ユーロ/ドル          ユーロ/円<EURJPY=
                                                         >
 午後5時現在     111.26/28         1.0903/07             121.31/35
 NY午後5時       111.03/08         1.0903/04             121.07/11
 
    午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安
の111円前半。トランプ大統領による北米自由貿易協定(NAFTA)離脱撤回
が伝わり、メキシコペソやカナダドルが大幅に買い進まれた。日銀は金融政策の現
状維持を決定したが、ドル/円は方向感に乏しい値動きにほぼ終始した。

 レポート全文:

<株式市場>
 日経平均           19251.87円                   (37.56円安)
 安値─高値       19199.59円─19281.70円                         
 東証出来高         19億7020万株                                   
 東証売買代金       2兆4554億円                                    
 
    東京株式市場で日経平均は5日ぶりに反落。米国株の小幅反落や前日までの4
連騰で約800円上昇したことを受け、利益確定売りが優勢となった。トランプ米
政権が発表した税制改革案が目新しさに欠け、財源が不透明なことも重しとなった
。ただ、売り込むだけの悪材料にも乏しく、下げ幅は限定的だった。好業績銘柄が
個別物色され相場を下支えした。
    東証1部騰落数は、値上がり1219銘柄に対し、値下がりが672銘柄、変
わらずが125銘柄だった。
  
 レポート全文:

<短期金融市場> 17時15分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベ  -0.075%                              
 ース)                                            
 ユーロ円金先(17年9月限)      99.970            (変わらず)
 安値─高値                     99.970─99.975                        
 3カ月物TB                    -0.140            (-0.002)
 安値─高値                     -0.140─-0.140                        
  
    無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.075%
になった。資金調達需要は限定的で前日同様に弱含み。レポ(現金担保付債券貸借
取引)GCT+1レートはマイナス0.097%とマイナス幅を縮小した。TIB
OR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.056%と横ばい。共通担保資金供給
オペは札割れ。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

 レポート全文:

<円債市場> 
 国債先物・17年6月限            150.98            (変わらず)
 安値─高値                     150.95─151.04                        
 10年長期金利(日本相互証券引け  0.015%           (変わらず)
 値)                                              
 安値─高値                     0.015─0.015%                        
  
    長期国債先物は横ばい。26日の海外市場でトランプ米大統領の税制改革案に
対する懐疑的な見方から米債高となった流れを引き継いで、買いが先行。中盤以降
は28日夕方に明らかになる5月分の日銀国債買い入れ方針を見極めたいとして、
様子見ムードが広がった。
    現物債は動意薄。中期と超長期ゾーンの利回りに上昇圧力がかかった程度。日
銀は27日の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決定。市場では想定通り
との見方が大勢で、材料視されなかった。
    財務省が27日発表した4月16日―4月22日の対外及び対内証券売買契約
等の状況(指定報告機関ベース)によると、居住者が外債(中長期債)を3週連続
で売り越した。益出しを含めた売りとの見方が出ていた。

 レポート全文:
    
<スワップ市場> 16時42分現在の気配
 2年物     0.07─-0.02
 3年物     0.08─-0.01
 4年物     0.09─-0.00
 5年物     0.11─0.01
 7年物     0.16─0.06
 10年物    0.27─0.17
 
    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below