Reuters logo
東南アジア株式・中盤=強い中国貿易統計でも慎重な取引
2017年6月8日 / 05:47 / 4ヶ月前

東南アジア株式・中盤=強い中国貿易統計でも慎重な取引

[8日 ロイター] - 8日の東南アジア株式市場はまちまち。5月の中国貿易統計が予想を上回ったものの、同日中に英総選挙の投開票や欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、慎重な取引となっている。

貿易統計によると、5月の中国輸出は前年同月比8.7%増加。輸入も14.8%増え、ともにアナリストの予想を上回った。

アジアセック・エクイティーズ(マニラ)のアナリスト、マニー・クルーズ氏は、市場は世界的な重要イベントの動向を見極めるため、貿易統計には反応しない可能性があると指摘。ただ、短期的には人民元や他のアジア通貨を押し上げる要因にはなる見通しという。

マニラ市場は10カ月ぶり高値近くまで上げた後、0.5%安まで下落した。工業株、通信株の下げが目立った。複合企業SMインベストメンツ・コープは2.9%安、通信大手PLDTは2.6%安。

クアラルンプール市場、バンコク市場、ジャカルタ市場は横ばい。

シンガポール市場は0.4%上昇。通信、工業株が上げを主導している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below