Reuters logo
東南アジア株式・引け=おおむね下落、フィリピンは3週間ぶり高値
2017年5月29日 / 11:04 / 5ヶ月後

東南アジア株式・引け=おおむね下落、フィリピンは3週間ぶり高値

[29日 ロイター] - 東南アジア株式市場では、大部分の市場で下落した。中国と米国の市場が休場で、新規材料に乏しかった。

一方で、フィリピン株は0.2%上昇し、約3週間ぶりの高値で取引を終えた。

ABキャピタル・セキュリティーズ(マニラ)の株式アナリスト、ビクター・フェリックス氏は、東南アジアの投資家らは今週発表される中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)の発表を待っており、様子見姿勢だったと指摘した。

ロイターのアナリスト調査によると、5月の中国製造業PMIは拡大が示されるものの、8カ月ぶりの低水準となる見込み。これまでの景気刺激策が終了し、政策当局者が債務拡大に対する対策に焦点を合わせており、今年いっぱい製造業部門の減速が続く見込みだ。

北朝鮮はこの日早く、短距離弾道ミサイルを少なくとも1発発射し、日本海に落下した。ただ、投資家センチメントに大きな影響はなかった。

MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は約0.2%安。早い段階では、史上最高値付近で浮動している米株が前週末に上伸したことを受け、プラス圏で推移していた。

マレーシアは0.4%安。化学メーカーのペトロナス・ケミカルズ・グループが一時2%下落し、相場を押し下げた。

シンガポールのストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.2%安。ウィルマー・インターナショナルやタイ・ビバレッジなど消費者関連株が下落し、指数への寄与率が高いDBSグループ・ホールディングスやホンコン・ランド・ホールディングスの上げを帳消しにした。

ジャカルタ市場の総合株価指数は小幅安。通信大手テレコムニカシ・インドネシアは一時2.5%安。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは、不動産株主導で5月9日以来の高値で終了した。SMプライム・ホールディングスが最高値を付けたほか、アヤラ・ランドは9カ月超ぶりの高値に上昇した。

RCBCセキュリティーズの株式リサーチアナリスト、ジェフリー・ルセロ氏は、不動産株に対する選別買いが指数を押し上げたと説明。その上で「今週も外国勢の買いの兆候が見られることを期待している」と付け加えた。

タイのSET指数は約0.1%安。一方、ベトナムのVN指数は0.4%高と、9年ぶりの高値付近で終了した。エネルギー株の上伸が相場を支えた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below