Reuters logo
欧州株式市場=おおむね続伸、フランス株9年ぶり高値
2017年4月26日 / 19:07 / 5ヶ月前

欧州株式市場=おおむね続伸、フランス株9年ぶり高値

    [ロンドン 26日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値   前日     %  前営業日終  コード
                                          比                 値  
 STOXX欧州600種        388.73  +1.82  +0.47      386.91          
 FTSEユーロファースト3   1526.35  +6.05  +0.40     1520.30          
 00種                                                          
 DJユーロSTOXX50種   3578.71  -4.45  -0.12     3583.16             
 
    欧州株式市場はおおむね続伸して取引を終えた。市場予想を上回る一連の企業決算が
買い材料となり相場を押し上げた。フランスの高級ブランドグループ、ケリング<PRTP.PA
>の値上がりを追い風にフランスのCAC40指数は0.19%上昇し、9年ぶり
の高値をつけた。
    JPモルガンの株式ストラテジスト、エマニュエル・コー氏は「25%の企業が決算
を発表した。ほとんどが市場予想を上回っている」とした。
    ケリングは9.7%高で過去最高値をつけた。傘下のブランド「グッチ」と「イブ・
サンローラン(YSL)」の売り上げが好調で第1・四半期の業績が市場予想を上回った
。
    ケリングの値上がりを受けて他の高級ブランド銘柄も連れ高となった。イタリアのモ
ンクレールとサルバトーレ・フェラガモはイタリアの主要株価FTS
E・MIB指数の中でも大幅に値上がりした。フランスのLVMH(モエ・ヘネ
シー・ルイ・ヴィトン)は0.8%上昇し、過去最高値をつけた。
    欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)
は9.3%上昇した。第1・四半期の営業利益が11%増加したことが好感された。
    一方、フランスの文具製造販売BICは10.3%急落。2年超ぶりの安
値に落ち込んだ。米市場の需要が弱く、第1・四半期の純利益と売り上げが減った。
    トムソンロイターIBESによると、STOXX600種銘柄の第1・四半期利益に
関するアナリスト予想は前年同期比5.5%増となっている。売上高は5.7%増と見込
まれている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below