Reuters logo
欧州株式市場=小幅安、政局不安でイタリア株急落
2017年5月29日 / 17:15 / 5ヶ月前

欧州株式市場=小幅安、政局不安でイタリア株急落

    [ミラノ 29日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値   前日     %  前営業日終  コード
                                          比                 値  
 STOXX欧州600種        391.25  -0.10  -0.03      391.35          
 FTSEユーロファースト3   1537.44  +0.03   0.00     1537.41          
 00種                                                          
 DJユーロSTOXX50種   3578.95  -0.07   0.00     3579.02             
 
    欧州株式市場は小幅安。イタリアが秋にも総選挙を実施する公算が高まるなか、同国
株が急落した。米英市場などが休場となるなか、全般的に薄商いだった。
    STOXX欧州600種は0.03%下落。イタリアの主要株価指数<.FTMI
B>は2%下落し、約3週間ぶりの安値をつけた。独クセトラDAX指数は0.2
%高。
    レンツィ前首相は28日のインタビューで、いわゆるドイツの選挙制度採用に向けた
合意は可能と発言、その一方で団結が難しくなる恐れのある連立政権につながる可能性を
指摘した。さらに総選挙はドイツと同時期の9月下旬の実施が妥当との見解を示した。
    イタリア国債利回りが上昇するなか、同国の銀行株は3.3%安、約4
カ月ぶりの大幅な値下がりとなった。インテサ・サンパオロ、ウニクレディト<C
RDI.MI>がそれぞれ2%、4%下落した。ドイツ銀は0.4%安。スペインの
サンタンデール銀は横ばい。伊エネルギー大手エネルは2.3%安。
    英航空ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社インターナショナル・エアラ
インズ・グループ(IAG)のスペイン上場株は2.8%安。週末に発生した
大規模なシステム障害の影響で1000便以上が欠航となった。
    ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセスは6.7%上昇。著名投資家ウ
ォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが同社の3
%を取得したことが明らかとなった。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below