Reuters logo
欧州株式市場=続伸、大統領選への不安後退でフランス株上昇
2017年5月5日 / 19:21 / 5ヶ月後

欧州株式市場=続伸、大統領選への不安後退でフランス株上昇

    [ロンドン/ミラノ 5日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        394.54   +2.56  +0.65      391.98          
 FTSEユーロファースト3   1549.38  +10.57  +0.69     1538.81          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3658.79  +30.91  +0.85     3627.88             
        
    欧州株式市場は続伸した。フランス大統領選を巡る不安が後退して買い安心感が広が
ったほか、好調な企業決算も相場を押し上げた。   
   フランスのCAC40指数が1.12%上昇し、9年半ぶりの高値をつけた。
ドイツのクセトラDAX指数は過去最高値を更新した。STOXX欧州600種
指数は0.65%上昇し、21カ月ぶりの高値をつけた。週間では約1.9%高
となった。
    フランスの世論調査では、欧州連合(EU)との協調を訴える中道系のマクロン前経
済相が「反EU」を唱える極右の国民戦線(FN)のルペン党首に対して支持率でリード
を広げている。政治的混乱が起きるリスクが後退したとして、欧州株の先行きに対する前
向きな見方が強まった。
    好調な企業決算も買い材料となった。これまでに欧州企業の約半数が決算を発表し、
そのうち78%が市場予想を上回った。21%が予想に届かなかった。トムソンロイター
IBESによると、第1・四半期利益は17%近く増えている。
    5日は英国の教育出版大手ピアソンが12.4%の急騰。さらなるコスト削
減を進めるほか、事業再編の一環で米国の教育用ソフトウェア事業の売却を検討するとし
たことが好感された。
    英インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は5.5%高。
第1・四半期の業績が過去最高となったほか、航空運賃の相場について前向きな見通しを
示したことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below