Reuters logo
欧州株式市場=4営業日続落、銀行株が重し
2017年5月30日 / 18:31 / 5ヶ月前

欧州株式市場=4営業日続落、銀行株が重し

    [ミラノ 30日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        390.50   -0.75  -0.19      391.25          
 FTSEユーロファースト3   1533.66   -3.33  -0.22     1536.99          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3561.22  -17.73  -0.50     3578.95             
        
    欧州株式市場は4営業日続落で取引を終えた。イタリアの政治を巡る先行き不透明感
と、投資判断の引き下げによって銀行株が売られ、全体の重しとなった。
    イタリアで総選挙が前倒しされるとの見方から、前週から利益確定売りがみられる。
これまで好調だった銀行などの部門で特に顕著だ。
    STOXXユーロ圏銀行株指数は1.52%低下した。ドイツ銀行がユーロ
圏の銀行に対する投資判断を「アンダーウェート」に引き下げたことから市場心理が悪化
した。ドイツ銀行は、昨年夏からの銀行株の値上がりを受け、利益確定売りを推奨。投資
家向けのメモで、ユーロ圏の経済成長は次第に弱まるとの見方を示した上で、銀行株が景
気に最も左右される銘柄の1つとした。さらに「バリュエーション面で買う要素は特にな
い」とし、株価の面からも魅力的でなくなったとの見方を示した。銀行部門の投資判断を
引き下げる一方で、エネルギーや建設部門の株を買うことを推奨した。
    ユーロ圏銀行株指数は、8日に約1年半ぶりの高値をつけて以降、約7%値を下げて
いる。ユーロ圏の全体的な株価は約2%しか下げていない。
    バークレイズは、イタリア総選挙の前倒しの可能性は著しく高まったものの、実施は
来年になるとの見方を変えていない。
    スイスの製菓・製パン大手アリスタは8.0%下落した。第3・四半期の基
調的収益が横ばいだったほか、業績見通しを提示できないとしたことが嫌気された。
    一方、アイルランドの格安航空会社(LCC)ライアンエアは3.8%高。
通期利益が市場予想通り過去最高となったことが好感された。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below