Reuters logo
為替こうみる:ドル/円は強気バイアス維持が妥当か=シティG証 高島氏
2017年7月13日 / 01:16 / 2ヶ月前

為替こうみる:ドル/円は強気バイアス維持が妥当か=シティG証 高島氏

[東京 13日 ロイター] -

<シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修氏>

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言は特段サプライズはなかったものの、バランスシートの正常化を優先させることは追加利上げの見送りと同義と判断している市場は、金利低下で反応した。欧州でも金利が低下し、ユーロ/円は下落した。

一方、昨日はカナダ銀行(中央銀行)が約7年ぶりの利上げを発表。カナダドル/円が上昇した。このところカナダドル/円などの資源国通貨クロスと、ユーロ/円などの欧州通貨クロスは並行的に動いてきたが、きのうはこれまでと一線を画す商状となった。

カナダ中銀は、インフレの低下は一時的な要因と断定。ポロズ総裁の会見も、景気回復が続くのであれば緩和解除を進めるという意気込みのようなものが感じられた。

クロス円主体で円安が進んできた中、頭打ちのユーロ/円か、続伸のカナダドル/円か、どちらにつくかでドル/円の見通しは異なるが、米株式や新興国市場の強さを見ると、この数日は強気バイアス維持が妥当に思われる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below