Reuters logo
為替こうみる:米連銀資産縮小の工程表提示なければ株・債券高の余地=FXプライム 上田氏
2017年6月9日 / 04:08 / 4ヶ月前

為替こうみる:米連銀資産縮小の工程表提示なければ株・債券高の余地=FXプライム 上田氏

[東京 9日 ロイター] - <FXプライムbyGMO 常務取締役 上田眞理人氏>

中長期的には英ポンド安を予想するが、今回の英総選挙の結果が、ハードブレグジットの可能性をいくらかでも和らげるのであれば、目先は英ポンドにむしろポジティブとみている。

為替市場では、米国の利上げペースが当初想定されたより鈍ってきているとの見方が広がっている。

来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米連邦準備理事会(FRB)のバランスシート縮小の工程表を提示できないとすれば、この市場の見方は補強され、今の地合いでは、債券高(長期金利低下)・株高につながる可能性が大きい。

ドル/円については、FOMCをはさんで108.80―111.80円のレンジを予想する。ドルの上値は限定されるだろう。北朝鮮問題、ロシアゲートでの米大統領による調査妨害問題、中東情勢の緊張など、リスク要因がそのまま継続しているからだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below