Reuters logo
米ブレークイーブン・インフレ率年初来の低水準、物価上昇加速観測後退
2017年5月16日 / 20:31 / 4ヶ月前

米ブレークイーブン・インフレ率年初来の低水準、物価上昇加速観測後退

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 16日の取引で米普通国債と米インフレ指数連動債(TIPS)の利回り格差で予想物価の指標の1つであるブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が年初来の低水準を付けた。国内で物価上昇が加速するとの見方が一段と後退したことが背景。

トレードウェブのデータによると、終盤の取引で10年物BEIは1ベーシスポイント(bp)低下の1.84%。約6カ月ぶりの低水準となった。

また、ロイターのデータによると5年物BEIは1bpを超えて低下し、1.74%と、昨年12月半ば以来の低水準を付けた。

前週12日発表の4月の消費者物価指数統計で物価が予想ほど上昇していないことが確認されたことを受け、市場ではTIPSに対する強気な見方が後退している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below