Reuters logo
米期待インフレ、5月は急低下=NY連銀
2017年6月12日 / 23:34 / 4ヶ月前

米期待インフレ、5月は急低下=NY連銀

[ニューヨーク 12日 ロイター] - ニューヨーク(NY)連邦準備銀行が12日公表した5月の消費者調査によると、米国の期待インフレ率は急低下し、3年先の期待インフレ率中央値は2016年1月以来1年4カ月ぶりの低水準まで落ち込んだ。物価停滞の懸念が強まる可能性がある。

期待インフレ率中央値は3年先が2.47%と、4月の2.91%から低下。それ以前の6カ月間は過去最高近辺で推移していた。

1年先は2.59%(4月2.79%)と、6カ月ぶりの低水準。NY連銀は回答者の「インフレ不透明感」が2013年半ばの調査開始以降で最低水準にとどまったとした。

NY連銀によると、すべての所得層でインフレ期待の低下がみられたが、低所得世帯の落ち込みが最も大きかった。

連邦準備理事会(FRB)は今週の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み切る見通しだが、物価を巡る懸念から一層の利上げについては市場の期待感が後退している。

調査は外部機関に委託する形で、1200世帯を対象にインターネットで行った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below