Reuters logo
FOMCこうみる:グロース株優位の展開続く、日経2万円近辺のもみ合いへ=いちよしAM 秋野氏
2017年6月15日 / 00:20 / 4ヶ月前

FOMCこうみる:グロース株優位の展開続く、日経2万円近辺のもみ合いへ=いちよしAM 秋野氏

[東京 15日 ロイター] -

<いちよしアセットマネジメント 上席執行役員 秋野充成氏>

FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果は基本的には想定通り。年内1回の利上げが示された一方、米インフレ率予想は引き下げられた。米長期金利の上昇は見込みにくい。1ドル115円までの円安進行も考えにくい。日経平均は当面2万円近辺でのもみ合いとなりそうだ。今期の国内企業業績の増益率10%程度とすれば、2万円は妥当な水準でもある。

米国ではハイテク株が下落したが、これは一時的な反応とみている。今後の日本株への影響はほとんどないだろう。米金利の上昇がない以上、FANG銘柄(フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、米グーグルの持ち株会社アルファベットの米ハイテク4社)やグロース系、ディフェンシブ系の物色が続くことになる。

FRB(米連邦準備理事会)の年内のバランスシート縮小については、公表された再投資見送り額は緩やかなペースだ。その分、米国の株式市場にはベストシナリオ。日本株についても中小型の成長株優位の展開が続きそうだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below