Reuters logo
FOMCこうみる:利上げペースに不確実性、ドル高になりにくい=三菱東京UFJ銀 内田氏
2017年6月15日 / 00:55 / 4ヶ月前

FOMCこうみる:利上げペースに不確実性、ドル高になりにくい=三菱東京UFJ銀 内田氏

[東京 15日 ロイター] -

<三菱東京UFJ銀行 チーフアナリスト 内田稔氏>

声明文とイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の会見は全体として強気を維持した印象だ。さえない経済指標は一時的な要因として片付けたうえで、粛々と政策の正常化を進めていく姿勢を示した。バランスシートの縮小の計画も、このタイミングで具体策を示したことはサプライズだった。

FRBは利上げとバランスシート縮小を平行して続ける意向のようだが、物価の伸びがついてきておらず、利上げが想定通りのペースで行われるか不確実性が極めて高い。ここまで明確に概略を示した以上、年内の早い時期にバランスシートの縮小に着手すると思われるが、市場で利上げの織り込みが進まなければドル高にはなりにくい。

7─9月期のドルは106─112円と、ややドル安/円高に軸足を置いたレンジを想定している。ここまでの利上げの影響もあり、米経済指標がさえない状況が今後も続く公算が大きい。利上げの織り込みも後退する可能性が高いとみている。一方、日本の対外投資がどの程度、ドル/円を下支えできるかも注目される。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below