Reuters logo
FOMCこうみる:B/S縮小には前向きだが、利上げペースは不透明=三菱UFJ・MS 服部氏
2017年6月15日 / 02:55 / 4ヶ月前

FOMCこうみる:B/S縮小には前向きだが、利上げペースは不透明=三菱UFJ・MS 服部氏

[東京 15日 ロイター] -

<三菱UFJモルガン・スタンレー証券 シニア投資ストラテジスト 服部隆夫氏>

今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果には、ハト派的な要素とタカ派的な要素が両方盛り込まれている。

FRBのバランスシート(B/S)縮小については、全会一致でそのステップが公表された。来年2月に任期を迎えるイエレン議長の再任が不透明な中で、連邦準備理事会(FRB)としては、できるだけ早くB/S縮小の道筋を示すことを切望していたと考えられる。

これまでFOMCの声明文には、毎回、「FF金利の正常化が十分に進むまで再投資を継続する」との文言が入っていた。しかし、今回の声明文では「経済が予定通り、広範囲に進展すれば」今年中にも資産の正常化プログラムを開始する、として、FF金利の前提条件を取り除いた格好だ。

この変化から類推すれば、金融市場のみならずFOMCメンバーの間でも、FF金利引き上げのペース、また、正常化に関して、不透明感が強まっている可能性があるだろう。

このことは、低迷する物価を気にかけインフレ率上昇に自信を持てず、弱い見通しを示したことにも表れている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below